Menu
(0)

Search

『Ghost of Tsushima』戦闘システム、6年間ひっきりなしに開発していた ─「長く困難な道のりだった」

Ghost of Tsushima
©Sony Interactive Entertainment LLC.

鎌倉時代の日本を舞台にした時代劇アクションゲームGhost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)』は、2020年最も絶賛された作品のひとつである。このゲームが世界中から高く評価された理由のひとつは、武士同士による手に汗を握る戦闘にあるだろう。

『Ghost of Tsushima』における斬るか斬られるかの戦では、誇り高き武士ならではの正々堂々の太刀打ちや、闇に堕ちた冥人としての闇討ちなど、さまざまなスタイルを状況に応じて使い分ける必要がある。そんなソードアクションとステルスアクション、ふたつの要素が組み合わさった画期的な戦闘システムを、完璧に作り上げるのは「長く困難な道のりだった」という。

そう語るのは、本作の開発会社「Sucker Punch」の共同創立者ブライアン・フレミング。GDC Showcase(米IGN経由)にてフレミング氏は、「戦闘システムは、プログラマー、デザイナー、アニメーターといったひとにぎりのチームメンバーで、6年間ひっきりなしで作業したのです。ありとあらゆるアプローチを試し、さまざまなバージョンを構築していました」と説明している。

フレミング氏は続けて、この画期的な戦闘システムは、「あらゆるシチュエーションでも機能する必要がある」と補足。それはいかなるロケーションやモードであっても、それに応じた異なる動作や選択肢を用意する必要があったということだ。6年という実に長く困難な道のり。武士たるもの妥協は許されぬということだろう。

Source: IGN

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly