Menu
(0)

Search

『Ghost of Tsushima』時代劇映画風トレーラー公開 ─ モノクロ映像で遊べる「黒澤モード」搭載、名作に敬意

Ghost of Tsushima
©Sony Interactive Entertainment LLC.

アメリカ発のオープンワールド時代劇、PlayStation®4 用ソフトウェア『Ghost of Tsushima』(ゴースト・オブ・ツシマ)が2020年7月17日(金)に発売される。このたび、本作に対する日本からの返答として、往年の時代劇映画の予告編風のトレーラーが公開された。

時は文永(13世紀後半)。モンゴル帝国(大元)は東方世界の征服を目論み、あらゆる国々を蹂躙していた。東の果て、日本に侵攻すべく編成された元軍の大船団を率いるのは、冷酷にして狡猾な智将コトゥン・ハーン。対馬に上陸する元軍を迎え撃つ対馬の武士団だったが、敵の兵略により初戦で壊滅。島は侵略の炎に包まれる。命からがら生還した武士、境井 仁(さかい じん)は、境井家の最後の生き残りとして、侍の道に反しても対馬の民を守ろうと決意。冥府から蘇った“冥人(くろうど)”として、故郷を敵の手から取り戻そうとする……。

Ghost of Tsushima
©Sony Interactive Entertainment LLC.

サッカーパンチ・プロダクションズのこだわりが詰まった『Ghost of Tsushima』では、往年の時代劇映画のようなモノクロ映像でゲームをプレイできるモードを、黒澤明監督の名を冠した「黒澤モード」という名称で搭載。通常のゲームプレイとは映像と音声の雰囲気が大きく変わり、まるで名作映画の世界に飛び込んだかのような感覚を味わえる。

Ghost of Tsushima
©Sony Interactive Entertainment LLC.
Ghost of Tsushima
©Sony Interactive Entertainment LLC.
Ghost of Tsushima
©Sony Interactive Entertainment LLC.

PlayStation®4用ソフトウェア『Ghost of Tsushima』

タイトル Ghost of Tsushima
ジャンル オープンワールド時代劇アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation®4、PlayStation®4 Pro
発売予定日 2020年7月17日(金)
価格 ■通常版
パッケージ希望小売価格: 6,900 円+税
ダウンロード販売価格: 7,590 円(税込)
■デジタルデラックスエディション
販売価格: 8,690 円(税込)
CERO Z (18才以上のみ対象)
あわせて読みたい

発売元:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
©Sony Interactive Entertainment LLC.

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly