Menu
(0)

Search

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』予告編が世界同時解禁、2020年日本公開決定

ゴーストバスターズ/アフターライフ

1984年に公開され、今なお語り継がれる映画『ゴーストバスターズ』と、『ゴーストバスターズ2』(1989)の続編が、『ゴーストバスターズ/アフターライフ』の邦題で2020年に日本公開となることが発表された。あわせて、初の予告編映像が世界同時に公開となった。

『ゴーストバスターズ2』とともにシリーズを監督したアイヴァン・ライトマンからそのバトンを託されたのは、アカデミー賞監督賞にノミネートされた経歴を持ち、彼の息子でもあるジェイソン・ライトマン監督。第82回アカデミー賞の作品賞・監督賞・脚本賞など5部門にノミネートした『マイレージ、マイライフ』(2009)や、第80回アカデミー賞の作品賞・監督賞など4部門にノミネートした『JUNO/ジュノ』(2007)などの作品で知られ、最強のDNAを持った実力派監督だ。

映像では、これまでのコミカルなイメージからは一変、序盤では少々ホラー要素を強めたような雰囲気が漂う。「遺されたのは、おじいちゃんの不気味な屋敷だけ」というセリフと共に、田舎に引っ越してきた兄妹と母親が登場。彼らがやってきた土地は、なぜか毎日地面が揺れている。そして、住み始めた古い家で妹が見つけ出したというある不思議な装置を「ゴーストトラップ」のレプリカだと教師(ポール・ラッド)は興奮気味に告げる。さらに教師は「もう30年以上ゴーストは現れてない。だけど、80年代のN.Y.は、ゴーストだらけだった」と語り、あの“バスターズ”との繋がりを示唆するように、当時を取り上げたニュースの映像を見せる。

謎の多い“おじいちゃん”の遺品を探るうちにさらに謎が深まる中で1台の車、ECTO-1を発見する。この車は紛れもなく、80年代にバスターズが使用していた車両だった。エンジン始動とともに、止まっていた時が、そして彼らの運命が動き始める。

出演は、マーベル作品『アントマン』シリーズで知られるポール・ラッド。『gifted/ギフテッド』で天才児を熱演し、圧倒的な存在感を見せつけ、そして『キャプテン・マーベル』(2019)で演じた主人公の子供時代も印象的なマッケナ・グレイス。兄役に、「ストレンジャー・シングス未知の世界」シリーズで大ブレイクし、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)のフィン・ヴォルフハルト(ウルフハード)。そして彼らが演じる兄妹に不気味な屋敷を遺した“おじいちゃん”とは、いったい誰を指すのだろうか。

ゴーストバスターズ/アフターライフ

オリジナルキャストも多くが復帰。レイモンド・スタンツ博士役ダン・エイクロイド、ウィンストン・ゼドモア役アーニー・ハドソンの出演が確定済み。ピーター・ヴェンクマン博士役ビル・マーレイ、ディナ・バレット役シガニー・ウィーバーも出演の可能性が高いとされる。ルイス・タリー役のリック・モラニスは出演しない見込みだ。イゴン・スペングラー役ハロルド・ライミスは2014年に亡くなった。

本作は2016年に女性キャラクターでリブートされたポール・フェイグ監督版とは関係を持たず、1984年の『ゴーストバスターズ』、1989年の『ゴーストバスターズ2』の続編という位置づけ。シリーズの創造主アイヴァン・ライトマンもプロデューサーとして復帰、「1984年のマンハッタンの戦いに直接繋がる新たな冒険」を描くと意気込んでいる。

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』は2020年公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly