Menu
(0)

Search

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』米公開日が2021年6月へ再延期 ─ 1984年の第1作と同週での封切りに

ゴーストバスターズ/アフターライフ

名作『ゴーストバスターズ』シリーズの正統な続編となる『ゴーストバスターズ/アフターライフ』の米国公開日が、2021年3月5日から同年6月11日に再延期されたことがわかった。製作の米ソニー・ピクチャーズが発表している。

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』では、田舎町に引っ越してきたトレバー&フィービーの兄妹が異常現象の謎を追うとともに、祖父の正体を探っていく物語が描かれる。80年代の2作品から繋がる約32年ぶりの続編で、オリジナルに忠実な原点回帰作になるという。

本作にはオリジナル版から、ピーター・ヴェンクマン博士役のビル・マーレイやレイモンド・スタンツ博士役のダン・エイクロイド、ウィンストン・ゼドモア役アーニー・ハドソン、そしてディナ・バレット役シガニー・ウィーバーが揃って復帰する。

当初、2020年7月に米国公開を迎える予定だった本作は、コロナ禍の影響で2021年3月に延期されていた。新たに決定された6月11日は、1984年6月8日に封切られた第1作『ゴーストバスターズ』と同じ公開週だ。

トレバー役を演じるのは、『IT/イット』シリーズや「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)などのフィン・ヴォルフハルト、フィービー役は『キャプテン・マーベル』(2019)のマッケナ・グレイス。そのほか、町の地震を調査する地質学者役で『アントマン』シリーズのポール・ラッド、母親役で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のキャリー・クーンが出演する。脚本・監督は、シリーズの創造主アイヴァン・ライトマンの息子である映画監督ジェイソン・ライトマンが務めた。

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly