今年の夏はインド産ホラーで震えろ! Netflixドラマ『Ghoul』2018年8月24日配信開始、『ゲット・アウト』プロデューサーが製作

映画『パラノーマル・アクティビティ』『インシディアス』シリーズや『ゲット・アウト』(2017)など、数々のホラー映画を世に放ってきた製作者ジェイソン・ブラムが、今度はインド産ホラードラマをプロデュースする。注目のNetflixドラマ「Ghoul(原題:Ghoul)」が2018年8月24日より全世界同時配信されることがわかった。

Netflixといえば、7月6日よりインド製作のオリジナルドラマシリーズ「聖なるゲーム」の配信を開始したばかり。同作はインドのベストセラー小説を原作とした社会派クライム・サスペンスだが、次の一手は本格ホラー作品だ。製作総指揮にはジェイソン・ブラムのほか、インドで映画監督・プロデューサーとして活躍するアヌラーグ・カシャプらが名前を連ねている。

Ghoul

Netflix

本作『Ghoul』の大きな特徴はアラブの民話を原案としているところ。舞台は秘密収容所で、一人の尋問者が、自分の父親を反政府の活動家として密告するところから始まる。しかしその収容所に拘置されているテロリストの中には、この世ならざる存在が紛れ込んでいた。やがて収容所の職員たちは、自らの過去を暴かれていくことになる……。

全3話からなるミニシリーズの脚本・監督を務めるのは、米国で活動する新鋭パトリック・グレアム。本作はインド製作ながら、米国のクリエイターがクリエイティブのカギを握っているとあって、ハリウッドのホラー作品ファンにも、インド映画のファンにも新鮮なコラボレーションを堪能することができそうだ。主演は「聖なるゲーム」にも出演する女優ラディカ・アプテが務める。

 

ジェイソン・ブラム率いるブラムハウス・ピクチャーズにとって、『Ghoul』は初めて手がけるインド製作のホラー作品だ。ジェイソンは「この作品を世界中のホラーマニアにお届けできるのが楽しみ」とコメント。インド側のプロデューサーであるヴィクラマディティヤ・モトワニ氏は、本作について「インド発の優れたホラー・ストーリー」「はらはらする第一級のホラーシリーズに満足しています」と自信をにじませている。
映画『バーフバリ』2部作のヒットによって、日本ではインド発のエンターテインメントがかつてないほどの注目を集めているところ。今年の夏の締めくくりは、ぜひこのシリーズで震え上がることにしよう。

ドラマ『Ghoul(原題)』は2018年8月24日よりNetflixにて全世界同時配信

Sources: Netflix, Deadline, THR

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。