Menu
(0)

Search

『G.I.ジョー』スネークアイズのスピンオフ映画、俳優を再キャスティングへ ─ 『スター・ウォーズ』ダース・モール役レイ・パークの登場なし

レイ・パーク Ray Park
©THE RIVER

映画『G.I.ジョー』シリーズの人気キャラクター、スネークアイズを主人公とするスピンオフ映画(タイトル未定)に、以前スネークアイズを演じたレイ・パークが続投しない見込みであることがわかった。プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ氏が米/Filmに語った。

米ハズブロ社のアクション・フィギュアを実写化した『G.I.ジョー』は、2009年にチャニング・テイタム主演の第1作『G.I.ジョー』が、2013年にドウェイン・ジョンソン主演の『G.I.ジョー バック2リベンジ』が公開された。
世界各国のエキスパートで構成される地上最強の特殊部隊を描いた同シリーズにおいて、スネークアイズは随一の人気を誇るキャラクター。顔を含む全身をスーツで覆った謎の忍者で、幼い頃に誓いを立ててから一言も喋っていないという設定である。

シリーズの過去作品でスネークアイズを演じたのは、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999)のダース・モール役や『X-MEN』(2000)のトード役で知られるレイ・パーク。ただしボナヴェンチュラ氏は、パークの再登板に消極的な見方を示している。

おそらく再登板はないでしょう。なぜなら、オリジン・ストーリーを描くつもりだからです。コミックでご存知のように、彼は素顔を見せていますしね。ヒーローになっていく作品なんです。ですから誰かは(素顔を)見せなければいけませんし、残念ながら、それはレイの年齢ではありえないということなんです。」

すなわちスネークアイズのスピンオフ映画は“若き日のスネークアイズ”を主人公とするものであり、2018年12月時点で44歳のレイ・パークがそこにキャスティングされる可能性はないということだ。物語上、『G.I.ジョー』過去2作品との関連性も薄くなるとみていいだろう。

2018年12月4日(現地時間)、米Varietyは本作の監督としてロベルト・シュヴェンケが契約交渉の初期段階にあると報じている。『RED/レッド』(2010)や『ダイバージェントNEO』(2015)といったアクション映画を手がけ、最新作の実話サスペンス映画『ちいさな独裁者』(2019年2月8日公開)が高く評価された人物だ。なお、脚本は実写版『美女と野獣』(2017)や『ヘラクレス』(2014)のエヴァン・スピリオトポウロスが執筆した。

『G.I.ジョー』スピンオフ映画(タイトル未定)の製作時期は未定。

Sources: /Film, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly