Menu
(0)

Search

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』あらすじ、キャスト&吹替声優まとめ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
©2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

東宝が生んだ世紀の人気怪獣、ハリウッドで対決。映画ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019)は、『GODZILLA ゴジラ』(2014)に続く、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズの第2作であり、モンスターバース(モンスター・ヴァース)の集大成となる『ゴジラvsコング』(2021)に繋がる一作だ。

ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラが最新の映像技術とイマジネーションで甦る中、物語を支えるのが実力確かな豪華俳優陣である。名作・話題作に多数出演する重鎮から、映画界の未来を担う新鋭まで、その顔ぶれは壮観。主要人物のみならず、サブキャラクターにも注目しながら楽しんでほしい。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』あらすじ

前作『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界。かつてゴジラの出現によって息子を失った女性研究者、エマ・ラッセル(ヴェラ・ファーミガ)と娘のマディソン(ミリー・ボビー・ブラウン)が武装集団によって拉致される。特務機関モナークの芹沢猪四郎博士(渡辺謙)は、犯人の目的がエマの研究していた装置・オルカにあると推測した。

オルカとは、怪獣と共鳴する音を発生させ、怪獣の操作さえ実現する技術を搭載した装置。エマの元夫であり、エマとともにオルカを研究したマーク・ラッセル(カイル・チャンドラー)は、犯人によって装置が悪用される前に怪獣を倒すよう訴えた。そこにあったのは、亡き息子への復讐心だ。ところがその矢先、ついにゴジラが再び姿を現し、世界各国でモスラ、ラドン、キングギドラが動き始めた。怪獣同士の戦いが世界の危機に直結する中、モナークは破滅を防ぐため、そしてエマ&マディソンを救うために動き出すが、そこには思わぬ事実が横たわっていた……。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』キャスト/吹替声優

カイル・チャンドラー(マーク・ラッセル役/吹替:田中圭)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
© 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

1990年代から2000年代にかけてテレビシリーズで活躍した後、ピーター・ジャクソン監督『キング・コング』(2005)、ピーター・バーグ監督『キングダム/見えざる敵』(2007)などの映画にも出演した。以降はJ・J・エイブラムス監督『SUPER8/スーパーエイト』(2011)をはじめ、『アルゴ』(2012)『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012)『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)『キャロル』(2015)『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016)『ファースト・マン』(2018)『ミッドナイト・スカイ』(2020)など、多数の映画賞に輝く話題作に次々と出演している。次回作としては、ジェイソン・モモア主演のNetflix映画『Slumberland(原題)』が待機中だ。

ヴェラ・ファーミガ(エマ・ラッセル役/吹替:木村佳乃)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
© 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

1996年にブロードウェイで俳優としての活動を開始し、テレビや映画にも出演。映画『Down to the Bone(原題)』(2004)の演技で、サンダンス映画祭の特別審査員賞(女優賞)に輝き、マーティン・スコセッシ監督『ディパーテッド』(2006)のヒロイン役を射止めて一躍世界に名を轟かせる。『マイレージ、マイライフ』(2009)では、ゴールデングローブ賞&アカデミー賞の助演女優賞にノミネート。以降、『死霊館』シリーズや『トレイン・ミッション』(2018)『フロントランナー』(2018)のほか、Netflixオリジナルシリーズ「ボクらを見る目」(2019)に出演した。次回作として、『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』の日本公開が2021年秋に待機している。

ミリー・ボビー・ブラウン(マディソン・ラッセル役/吹替:芦田愛菜)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
© 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

2004年生まれ。Netflixオリジナルシリーズ「ストレンジャー・シングス」(2016-)にてイレブン役に抜擢され、一躍その名を世界に轟かせた。『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)でスクリーンデビューしたブラウンは、『エノーラ・ホームズの事件簿』(2020)で主演・製作を担当。同作は続編が製作される予定で、ブラウンの続投も決定している。スターダムへの階段を着実に登る中、今後の作品としては、アンソニー&ジョー・ルッソ監督によるSF映画『The Electric State(原題)』、Netflixによるファンタジー映画『Damsel(原題)』、ジェイソン・ベイトマン製作のNetflix映画など。

渡辺謙 (芹沢猪四郎博士役)

『名探偵ピカチュウ』ジャパンプレミア
©THE RIVER

1979年から俳優としての活動を始め、映画・ドラマ・舞台でさまざまな作品に出演。海外作品には、トム・クルーズ主演『ラストサムライ』(2003)で進出し高評価を獲得。その後『バットマン ビギンズ』(2005)『硫黄島からの手紙』(2006)『インセプション』(2010)など、数々のハリウッド映画に出演してきた。『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014)『トランスフォーマー/最後の騎士王』(2017)では英語での声優業を務め、『ポケットモンスター』シリーズのハリウッド実写映画版『名探偵ピカチュウ』(2019)にも出演している。

チャン・ツィイー(アイリーン・チェン&リン・チェン博士役/吹替:甲斐田裕子)

チャン・ツィイー
Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/49013445768/ | Remixed by THE RIVER

チャン・イーモウ監督『初恋のきた道』(1999)にて本格的に役者としての活動を開始し、ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞した。アカデミー外国語映画賞にも輝いた、アン・リー監督『グリーン・デスティニー』(2000)では国際的知名度も高める。『ラッシュアワー2』(2001)でハリウッドに進出して以降、チャン・イーモウ『HERO』(2002)『LOVERS』(2004)、ロブ・マーシャル監督『SAYURI』(2005)、鈴木清順監督『オペレッタ狸御殿』(2005)、ウォン・カーウァイ監督『2046』(2004)『グランド・マスター』(2013)など錚々たる作り手の映画に出演。アジアを代表する俳優として現在も世界を股にかけて活動中だ。

サリー・ホーキンス(ヴィヴィアン・グレアム博士役/吹替:高橋理恵子)

サリー・ホーキンス
Photo by Martin Kraft CC BY-SA 3.0 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:MJK35143_Sally_Hawkins_(Maudie,_Berlinale_2017).jpg Remixed by THE RIVER

イギリスの舞台女優としてキャリアをスタートさせたサリー・ホーキンスは、『人生は、時々晴れ。』(2002)にて映画デビュー。『ウディ・アレンの夢と犯罪』(2007)『ハッピー・ゴー・ラッキー』(2008)『わたしを離さないで』(2010)などに出演したのち、『ブルージャスミン』(2013)でアカデミー賞・ゴールデングローブ賞・英国アカデミー賞の助演女優賞候補となり、知名度を高めた。近年の代表作には『パディントン』シリーズや『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)がある。次回作としては、パブロ・ラライン最新作『Spencer(原題)』や、マーク・ライランス共演作『The Fantastic Flitcrofts(原題)』などが待機中だ。

ブラッドリー・ウィットフォード(リック・スタントン博士役/吹替:安原義人)

1980年代中頃よりテレビドラマ・映画・舞台での活動を開始し、「ザ・ホワイトハウス」(1999-2006)のジョシュ・ライマン次席補佐官役でエミー賞助演男優賞に輝いた。2010年代には『キャビン』(2011)『アイ・ソー・ザ・ライト』(2015)『ゲット・アウト』(2017)『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)など数々の話題作に出演。テレビでも「トランスペアレント」(2014-2019)「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」(2017-)に登場し、エミー賞のゲスト俳優賞を受賞。さまざまな作品で確固たる存在感を示す、今もっとも注目されるバイプレーヤーの一人である。

トーマス・ミドルディッチ(サム・コールマン博士役/吹替:小林親弘)

トーマス・ミドルディッチ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/43008127294/ Remixed by THE RIVER

学生時代から演劇を学び、コマーシャルから俳優業を始める。映画・テレビへの進出後、「シリコンバレー」(2014-2019)の主人公リチャード・ヘンドリクス役に抜擢されてブレイク。テレビアニメ「出張ヒーローZERO」(2014-2019)では主人公ペン・ゼロの声優を務め、脚本も執筆した。映画には『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)『キングス・オブ・サマー』(2013)『TAG タグ』(2018)『ゾンビランド:ダブルタップ』(2019)などに出演。ちなみに、モンスターバース作品には『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)にも声の出演を果たしている(本作のサム役とは異なるジェリー役)。

オシェア・ジャクソン・Jr.(ジャクソン・バーンズ曹長役/吹替:松尾諭)

オシェア・ジャクソン・Jr.
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/43724185241/ Remixed by THE RIVER

1991年生まれ。父はラッパー・俳優・プロデューサーのアイス・キューブ。自身はラッパー・OMGとして活動後、映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2014)で実父のアイス・キューブ役を演じて俳優デビューを果たした。その後、『イングリッド -ネットストーカーの女-』(2017)『ザ・アウトロー』(2018)『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』(2019)『黒い司法 0%からの奇跡』(2019)に出演。今後はApple TV+オリジナル作品「Swagger!(原題)」でドラマ初主演を飾るほか、『スター・ウォーズ』のドラマシリーズ「オビ=ワン・ケノービ(原題)」(2022)も控えている。

アンソニー・ラモス(マルティネス軍曹役/吹替:小松利昌)

1991年、アメリカ・ニューヨーク生まれのプエルトリコ系。野球選手を目指した高校時代を経て、大学時代に演劇を学ぶ。国内のミュージカルでキャリアをスタートし、2012年に舞台『イン・ザ・ハイツ』を経て、2015~2016年に社会現象的人気を誇る『ハミルトン』の主要キャストに起用され、一躍知名度を高めた(舞台を収録した映画版にも登場)。ドラマ「シーズ・ガッタ・ハヴ・イット」(2017-2019)や映画『アリー/ スター誕生』(2018)に出演。2021年には初主演映画『イン・ザ・ハイツ』(2021)のほか、リーアム・ニーソン主演『ファイナル・プラン』の日本公開を控える。2022年には『アラジン』(2019)のナオミ・スコットと共演するSFコメディ『ディスタント(原題)』も。歌手活動も精力的に展開。

チャールズ・ダンス(アラン・ジョナ役/吹替:土師孝也)

Charles Dance チャールズ・ダンス
Photo by Alan Chang https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Charles_Dance_2012.jpg

グラフィック・デザイナーとして活動したのち、俳優に転身。イングランドに拠点を置くロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの舞台などで演技経験を積み、1981年にロジャー・ムーア主演『007 ユア・アイズ・オンリー』でスクリーンデビューを飾った。その後も『ラスト・アクション・ヒーロー』(1993)『スペース・トラッカー』(1996)『アリ・G』(2002)などに出演。2004年には、『ラヴェンダーの咲く庭で』で監督デビューも果たしている。近年の出演作は、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2014)「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)「ザ・クラウン」(2016-)『Mank/マンク』(2020)など。次回作には『キングスマン:ファースト・エージェント』を控えている。

ウィリアム・ステンツ(デヴィッド・ストラザーン役/吹替:佐々木勝彦)

デヴィッド・ストラザーン
Photo by Keith McDuffee https://www.flickr.com/photos/gudlyf/5974348391/ Remixed by THE RIVER

1970年代から俳優として活動し、90年代には『ザ・ファーム 法律事務所』(1993)『激流』(1994)『L.A.コンフィデンシャル』(1997)などに出演。ジョージ・クルーニー監督作『グッドナイト&グッドラック』(2005)ではアカデミー賞の主演男優賞候補となった。そのほか、代表作に『ボーン アルティメイタム』(2007)『ボーン・レガシー』(2012)、ドラマ「THE BLACKLIST/ブラックリスト」「エクスパンス -巨獣めざめる-」など。

レクシー・レイブ(幼いマディソン役/吹替:大地葉)

Lexi Rabe レキシー・レイブ
Photo by Fanpagefun2019 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Lexi_Rabe.jpg

2012年生まれ。マーベル・スタジオ製作『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)でトニー・スタークの娘モーガン・スターク役で映画デビューを飾った。キャリアを華々しくスタートさせたレイブの2作目が、本作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)。2020年にはDCドラマ「Stargirl(原題)」でドラマ初出演。2020年11月には、モーガン・スタークの母親であるペッパー・ポッツ着用のレスキュー・アーマーのコスプレ姿を披露したことでも話題を集めた。

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』キャスト/声優一覧

キャラクター名 キャスト 日本語吹替声優
マーク・ラッセル カイル・チャンドラー 田中圭
エマ・ラッセル ヴェラ・ファーミガ 木村佳乃
マディソン・ラッセル ミリー・ボビー・ブラウン 芦田愛菜
芹沢猪四郎 渡辺謙 渡辺謙
アイリーン・チェン/リン・チェン チャン・ツィイー 甲斐田裕子
ヴィヴィアン・グレアム博士 サリー・ホーキンス 高橋理恵子
リック・スタントン博士 ブラッドリー・ウィットフォード 安原義人
サム・コールマン博士 トーマス・ミドルディッチ 小林親弘
ジャクソン・バーンズ海軍兵曹長 オシェア・ジャクソン・Jr. 松尾諭
マルティネス軍曹 アンソニー・ラモス 小松利昌
アラン・ジョナ チャールズ・ダンス 土師孝也
ウィリアム・ステンツ デヴィッド・ストラザーン 佐々木勝彦
幼いマディソン レクシー・レイブ 大地葉

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly