Menu
(0)

Search

『グラディエーター』続編、リドリー・スコット監督が脚本執筆中 ─ 前作の30年後描く物語「大きなチャレンジです」

グラディエーター
© DreamWorks SKG Photo: Jaap Buitendijk 写真:ゼータ イメージ

リドリー・スコット監督&ラッセル・クロウ主演、アカデミー賞作品賞ほか数々の映画賞に輝いたグラディエーター(2000)の続編企画が水面下で進行中だ。プロデューサーのダグラス・ウィック氏が、ただいま脚本作業の真っただなかであることを明かしている。

『グラディエーター』続編の話題は2018年11月に初めて報じられたもので、主人公はラッセルが演じたマキシマスではなく、コモドゥス(ホアキン・フェニックス)の甥であり、ルシッラ(コニー・ニールセン)の息子ルキウスになる見込み。物語の舞台は前作の25~30年後になるという。

ComicBook.comにて、ウィック氏は「とにかく準備しているところ」だと進捗状況を語った。「(前作に関わった)全員が映画を愛しているからこそ、雑に扱ったり、劣化版を作ったりすることはできません。明確にクリエイティブの問題です」。現在ぶち当たっているのは、映画の核となる脚本の課題なのだそうだ。

「作る価値があると思えるところまで持っていけるかどうか、これが大きなチャレンジ。まさしく脚本の問題ですよ。『グラディエーター』はギリギリのところで成功した映画で、ああいう形で(物語が)まとまった。そういう作品を、再び観客が楽しめるようにベストを尽くしながら、しかも新鮮にやり直すというのはとても難しいんです。」

脚本には『ホース・ソルジャー』(2018)のピーター・クレイグが就任していたが、ウィック氏によると、現在はリドリー・スコット監督が執筆作業に入っているとのこと。スコットは『グラディエーター』続編の実現に意欲的であり、再び監督を務める意向ともいわれている。製作は米パラマウント・ピクチャーズが務めており、ユニバーサル・ピクチャーズも共同出資する見込みだ。

あわせて読みたい

Sources: ComicBook.com, Hey U Guys

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly