『スプリット』続編映画『ガラス』、サミュエル・L・ジャクソンが撮影終了

M・ナイト・シャマラン監督作『スプリット』(2016)の続編となる映画『ガラス(邦題未定、原題:Glass)』出演のサミュエル・L・ジャクソンが撮影を終了した模様だ。シャマラン監督が自身のTwitterで報告した。

『ガラス』は、2000年の映画『アンブレイカブル』の隠れた続編として製作されたジェームズ・マカヴォイ主演『スプリット』の続編で、サミュエルは『アンブレイカブル』より引き続きミスター・ガラスを演じる。この三作は「シャマラン・バース」なるフランチャイズを形成し、『ガラス』ではミスター・ガラスほかマカヴォイ演じるThe Horde、ブルース・ウィリス演じるデイヴィッド・ダンが一堂に会する。

スプリット

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

『ガラス』は、2019年1月18日全米公開予定。ネタバレ厳禁のどんでん返しが魅力のシャマラン作品だが、前作『スプリット』では日本公開が全米公開より約4ヶ月遅れたため、日本公開を待たずしてシャマラン監督自身がTwitterでネタバレ情報を公にしてしまうという珍事も発生。『ガラス』で再び世界に取り残されないためにも、発売中の『スプリット』Blu-ray&DVDでシリーズを応援したいところだ。

映画『スプリット』Blu-ray&DVDは2017年10月6日より販売・レンタルがスタートしている。

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。