M・ナイト・シャマラン最新作『グラス』より「予告編の予告編」公開! 『スプリット』ジェームズ・マカヴォイに焦点

スリラー映画の鬼才、M・ナイト・シャマラン監督が放つ新作映画『グラス(邦題未定、原題:Glass)』の米国版予告編公開を控えて、2018年7月17日(火曜日・米国時間)、「予告編の予告編」が公開された。

本作はシャマラン監督が手がけた、ブルース・ウィリス&サミュエル・L・ジャクソン出演『アンブレイカブル』(2000)、ジェームズ・マカヴォイ出演『スプリット』(2016)の続編映画にしてクロスオーバー企画。ウィリス、ジャクソン、マカヴォイの3人がそろって出演することでも話題を呼んでいる。

このたび公開された「予告編の予告編」は、『スプリット』でマカヴォイが演じた23人の人格を宿す男ケビンに焦点を当てたもの。映像のタイトルは「ビースト(Beast)」となっているが、『スプリット』をご覧いただいた方ならばその意味がおわかりいただけることだろう。同作のネタバレを避けるため、本記事では必要以上の言及を避けることとしたい。

映像の中でも正式にアナウンスされている通り、『グラス』の米国版予告編は2018年7月20日(金曜日・米国時間)に公開される。世界最大級のポップカルチャーの祭典「San Diego Comic Con 2018」にて初お披露目となる予定だ。
ちなみに今回の映像はマカヴォイをフィーチャーしたものだったが、予告編の公開日までは米国時間で2日残されている。ということは、これからウィリスやジャクソンを扱った「予告編の予告編」が連日公開されていく可能性も…?

 

『グラス』にはウィリス&ジャクソン&マカヴォイのほか、『スプリット』で女子高生ケイシー役を演じたアニャ・テイラー=ジョイ、『アンブレイカブル』でウィリス演じる主人公デヴィッド・ダンの息子ジョセフ役を務めたスペンサー・トリート・クラーク、同作でジャクソン演じるイライジャ・プライスの母親役を務めたシャーレイン・ウッダードが再登場する。
新キャストとして精神科医役を演じるのは、ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」(2011-)や「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」(2016)、映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)のサラ・ポールソンだ。

映画『グラス(邦題未定、原題:Glass)』は2019年1月18日に米国公開予定

Sources: Universal Pictures, ComingSoon.net
Eyecatch Image: YouTube 動画サムネイル

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。