Menu
(0)

Search

シャマラン最新作『ミスター・ガラス』米国で大ヒットの予想 ─ 『アメリカン・スナイパー』に次いで史上第2位の成績なるか

ミスター・ガラス
©Universal Pictures All rights reserved.

映画『シックス・センス』(1999)のM.ナイト・シャマラン監督による、『アンブレイカブル』(2000)と『スプリット』(2017)の“その後”を描く新作映画『ミスター・ガラス』が米国にて大ヒットの予感だ。

『ミスター・ガラス』は米国、英国、日本を含めた世界各国にて2018年1月18日に同時公開予定(1月17日に先行公開される国も多い)。米DeadlineVarietyが報じたところによると、米国では公開後4日間で7,000~7,500万ドルの興行収入が見込まれているという。

ただし両サイトは、『ミスター・ガラス』の初動予測には「4日間で5,000万ドル」とのデータが存在することもあわせて伝えている。5,000万ドルと7,500万ドルでは数字に大きな開きがあるが、劇場公開まで3週間を残している現状では、どちらの成績に転ぶ可能性もあるのだと理解すべきだろう。

米国において1月の第3月曜日は、国民の祝日である「キング牧師誕生日」となる。この週末に封切られた映画のうち、歴代最高のオープニング興収記録を保持しているのはクリント・イーストウッド監督作品『アメリカン・スナイパー』(2015)の1億720万ドル。ちなみに『ミスター・ガラス』は、初動成績が5,000ドルを突破すると史上第2位の作品となる。

『ミスター・ガラス』では、低予算ホラー/スリラー映画を多数製作するブラムハウス・ピクチャーズが『スプリット』に続いて製作を担当。同社作品の製作費は1,000万ドル前後であることが多いが、『ミスター・ガラス』は比較的スケールが大きいために2,000万ドルが投じられたという。ちなみに『スプリット』は900万ドルの製作費に対して、全世界興行収入2億7,840万ドルという衝撃の大ヒットとなった。さて、本作はどんな成果を残すことができるのか。もちろん、日本の観客としては国内の成績も気にかかる。

『ミスター・ガラス』

3人の特殊な能力を持つ男が集められ“禁断の研究”が開始された。不死身の肉体と悪を感知する力を持つデヴィッド、24もの人格を持つ多重人格者ケヴィン、そして、非凡なIQと生涯で94回骨折した壊れやすい肉体を持つミスター・ガラス。精神科医のステイプルは、すべてが彼らの妄想であることを証明しようとする。彼らは人間を超える存在なのか?最後に明らかになる“驚愕の結末”とは……。

出演者には『アンブレイカブル』よりデヴィッド・ダン役のブルース・ウィリス、ミスター・ガラス役のサミュエル・L・ジャクソン、『スプリット』より24の人格を持つ“ケヴィン”役のジェームズ・マカヴォイが続投。精神科医ステープル役は『オーシャンズ8』(2018)のサラ・ポールソンが演じる。

映画『ミスター・ガラス』は2019年1月18日(金)より全国ロードショー

『ミスター・ガラス』公式サイト:http://Movies.co.jp/mr-glass

Source: Deadline, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly