Menu
(0)

Search

DC映画『バットガール』企画は健在、脚本作業が進行中 ─ ハーレイ・クインのスピンオフ脚本家が登板

DCコミックス
The DC logo is a trademark of DC Comics.

ワーナー・ブラザース製作、DCコミックス原作映画バットガール(邦題未定、原題:Batgirl)』の企画が健在であること、2018年12月現在は脚本作業が進められていることがわかった。

本作は企画の始動当初、『アベンジャーズ』(2012)のジョス・ウェドンが脚本・監督に就任。しかし2018年に入ってからウェドンはプロジェクトを離脱、『バンブルビー』(2019年3月22日公開)を執筆したクリスティーナ・ホドソンが脚本の後任者として起用されたのち、企画の状況は伝えられていなかった。

このたび米ComicBookMovieのインタビューにて、ホドソンは『バットガール』の脚本作業が進行中であることを認めている。

「言えるのは、脚本の執筆はすごく楽しいということです。私はキャラクターが大好きですし、面白いこと、ワクワクすることを毎日のように発見しているんですよ。」

また米Colliderのインタビューでも、ホドソンは『バットガール』の進捗について語っている。バットガールが実写映画に登場するのは『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』(1997)でアリシア・シルヴァーストーンが演じて以来となるが、ホドソンは同作には縛られず、自由に創作を進めているそう。ワーナーはホドソンのアイデアを支持、尊重しているという。

映画版『バットガール』は1967年のコミックを原案に、「バットマン」シリーズに登場するジェームズ・ゴードンの娘バーバラ・ゴードン(初代バットガール)を主人公とした物語となる予定。ホドソンは『スーサイド・スクワッド』(2016)でマーゴット・ロビーが演じたハーレイ・クインのスピンオフ映画『Birds of Prey (And The Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn)』(原題)も執筆しており、本作は2本目のDCコミックス原作映画となる。

映画『バットガール』の撮影・公開時期は不明。ジョス・ウェドンに代わる監督後任者には女性が起用される方針だと伝えられているが、そちらの続報は届いていない。

Source: CBM, Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly