Menu
(0)

Search

『ゴジラ』ついに国内でアニメ化か?東宝がドメインを取得

『シン・ゴジラ』が快調にヒットしているなか、気になるニュースが飛び込んできた。東宝が『ゴジラ』のアニメ化を企画しているかもしれないのだ。

謎のドメイン Godzilla-Anime.com

この噂は、「Godzilla-Anime.com」というドメインを東宝が取得したことを、アニメ・ニュース・ネットワークが報じたことから生まれたものだ。2016年8月5日時点では、このドメインにアクセスしてもウェブサイトにはつながらない。

もっとも一部のファンは、第三者にドメインを使用されることを東宝が防ごうとしただけではないか、ともみているようだ。東宝からの公式発表はされていないため真相はわからない。ひとまず続報を待つしかない状況だ。

すでにアメリカではアニメ化済み

意外なことに、これまで『ゴジラ』が日本国内でアニメ化されたことはない

ただしアメリカでは、『チキチキマシン猛レース』などを手がけたハンナ・バーベラ・プロダクションが1978~80年にアニメ・シリーズ『Godzilla』を製作・放送している。残念ながら日本では放映されていないが、どんな感じなのか映像をご覧いただきたい。

また1999~2000年には、あのローランド・エメリッヒ監督による『ゴジラ』の続編がアニメ『ゴジラ ザ・シリーズ』として製作・放送されており、エメリッヒが自らシリーズの総監督を務めている。こちらは日本でも放送されたようだが、せっかくなのでこちらも映像をご覧いただきたい。

「クレヨンしんちゃん」への登場はアニメ版の布石?

もっとも日本では『シン・ゴジラ』の公開に先がけて、テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」の2016年7月22日放送分にゴジラが登場していた。「しんのすけ対シン・ゴジラだゾ」というエピソードで、ゴジラのデザインは『シン・ゴジラ』のものに忠実だったようだ。

しんのすけ シンゴジラ

ゴジラが国産アニメに登場するのは、この「クレヨンしんちゃん」が史上初めてのことだったという。東宝がゴジラのアニメ化を企画していたとすれば、「クレヨンしんちゃん」への登場はアニメ版『ゴジラ』の布石だったとも考えられるだろう。それに『シン・ゴジラ』の総監督は庵野秀明であり……それはさすがに考えづらいだろうか。

いずれにしても『シン・ゴジラ』でゴジラ人気が再燃しつつある現在である。アニメ版の発表があるとすれば、そう遠くない未来だろう。期待してもいいものだろうか?

source:
http://www.animenewsnetwork.com/daily-briefs/2016-08-03/godzilla-anime.com-domain-name-registered-under-toho/.104979

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly