Menu
(0)

Search

ハリウッド版『ゴジラ2』に『キングコング:髑髏島の巨神』のキャラクターが再登場 ― 予告編に出ているとの説も

GODZILLA ゴジラ
©Warner Bros. 写真:ゼータ イメージ

ハリウッド版映画『GODZILLA ゴジラ』(2014)の続編となる『Godzilla: King of the Monsters(原題)』に、世界観を共有する「モンスターバース」の前作キングコング:髑髏島の巨神』(2017)から再登場するキャラクターが存在することがわかった。

ポップカルチャーの祭典「San Diego Comic Con 2018」にて本作の予告編が初公開され、出演者やマイケル・ドハティ監督は現地メディアの取材に応じた。米Rotten Tomatoesの座談会で、『キングコング:髑髏島の巨神』や「モンスターバース」全体との関連性を尋ねられたマイケル監督は、「(この映画には)『キングコング:髑髏島の巨神』から登場人物を一人連れてきました」と明かしたのである。

 

『キングコング:髑髏島の巨神』より ©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

『キングコング:髑髏島の巨神』の舞台は1973年。かたや『Godzilla: King of the Monsters』の時代設定は不明だが、仮に劇場公開年と同じ2019年だとすれば、劇中では『キングコング:髑髏島の巨神』から46年もの時間が流れていることになる。したがって同作のキャラクターが再登場しているとすれば、それだけ歳を重ねているはずだが……。

そこで現在、米国メディアやファンの間で「再登場キャラ」として有力視されているのが、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-)で知られる俳優チャールズ・ダンスが演じる謎の人物だ。予告編の終盤(2分5秒ごろ)に一瞬だけ登場し、“Long live the king.(王よ永遠なれ/王様万歳)”と話す男性である。この人物こそ、『キングコング:髑髏島の巨神』でトム・ヒドルストンが演じた主人公ジェームズ・コンラッドではないかというのだ。

確かに2018年7月25日現在、『Godzilla: King of the Monsters』におけるチャールズ・ダンスの役柄は明らかになっていない。ミリー・ボビー・ブラウン演じる少女マディソンやその母親エマ・ラッセルをはじめ、主要人物の名前や設定が次々に判明している中、チャールズが演じる人物については依然として何も情報がないのだ。

またトム・ヒドルストンとチャールズ・ダンスという二人の俳優を比較しても、『キングコング:髑髏島の巨神』撮影時のトムが34~35歳、本作撮影時のチャールズが70歳と、その年齢差は35歳だ。推定される劇中時間の46年ほどは開いていないが、役柄の設定を体現するには不都合のないギャップだといえる。また、そろってイギリス人俳優であることも大きな共通点だろう。

キングコング:髑髏島の巨神
『キングコング:髑髏島の巨神』より ©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

思えばトム演じるジェームズ・コンラッドは、『キングコング:髑髏島の巨神』のポストクレジットシーンで、ゴジラやラドン、モスラ、キングギドラのシルエットを確認している。『Godzilla: King of the Monsters』に登場する4体の怪獣を、本編に登場する人々よりもずっと以前から認識していたことになるわけだが、仮にジェームズが再登場するとして、そこには一体どんな意味が?

ちなみにマイケル監督は、肝心の“誰が再登場するのか”という点については、もちろん「映画を観てください」と述べて明言を避けている。真相は劇場でのお楽しみ、ということか……!

映画『Godzilla: King of the Monsters(原題)』は2019年5月31日に米国公開予定。『キングコング:髑髏島の巨神』ブルーレイ&DVDは発売中だ。

Sources: RT, SR(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly