Menu
(0)

Search

さようなら、ありがとう、プロフェッサーX ─「『ローガン』が最高の出来だから、私は役を降りる」パトリック・スチュワート、有終の美を飾る

海外エンターテインメント情報サイトEntertainment Weeklyの伝えるところによると、現在『LOGAN/ローガン』で絶賛プロモーションツアー中のプロフェッサーX役パトリック・スチュアート卿が、インタビューでこの映画を最期にプロフェッサーX役を降りる決意を語ったそうです。以下インタビュー記事該当部分の抜粋と、拙訳です。

“A week ago, Friday night in Berlin, the three of us sat, watching the movie,” said Stewart. “And I was so moved by it, much more moved than I had been the first time of seeing it. Maybe it was the company of these two guys, but the movie ended and — this is an admission — but at one point [Hugh] reached out, and he took my hand in those last few minutes, and I saw him go [mimes wiping a tear from his eye] like this, and then I realized I had just done the same thing. Then, the movie ended… and we were going to be taken up on stage, but not until the credits were over. So, we had some time to sit there and, as I sat there I realized there will never be a better, a more perfect, a more sensitive, emotional, and beautiful way of saying au revoir to Charles Xavier than this movie. So, I told [Hugh] that same evening, ‘I’m done too. It’s all over.’”

「一週間前の金曜の夜、ベルリンで、僕ら三人(ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マンゴールド監督)並んで映画(『LOGAN/ローガン』)を観たんだ。」

「とても感動したよ。最初に観た時よりずっと良かった。きっと彼ら二人と一緒に観たからかな。で、映画本編の終わり近くで—ここからが本題だよ、ヒュー(・ジャックマン)が手を伸ばしてきて、残りの何分か、ずっと僕の手を握っていたんだ。彼を見るとさ、こうやってるんだ[手で涙を拭う真似]、それで気づいたんだけど、僕も同じように泣いていたんだ。で、映画本編が終わったら、僕らはステージに上がる予定だったんだけど、まだエンドロールが流れててね、それでそうやってもう少し席に座ってたら、判ったんだ。この瞬間にチャールズ・エグザビアというキャラクターにau revoir(フランス語でさようなら)を言うことが、いかに完璧で、繊細で、感情的で、美しいかを。それで同じ夜、ヒュー(・ジャックマン)に言ったんだ。“僕もやりきった。全部終わったんだ”ってね。」

http://www.radiotimes.com/news/2016-08-25/patrick-stewart-regretted-asking-why-professor-x-was-in-a-wheelchair
http://www.radiotimes.com/news/2016-08-25/patrick-stewart-regretted-asking-why-professor-x-was-in-a-wheelchair
パトリック・スチュワート卿はイギリス生まれの御年76歳。若い世代にはもちろんX-MENのプロフェッサーXとして有名ですが、筆者世代またはそれより上の年代には、「新スタートレック」のピカード船長としての方が馴染みがあるかもしれません。
アメコミ映画が2017年現在のようにマスコミも含めた一般大衆に認知されるはるか前(2000年)に始まり、後年のアメコミ映画人気を支える礎となった映画『X-MEN』シリーズ。主演のウルヴァリン役ヒュー・ジャックマンはもちろんですが、プロフェッサーXことチャールズ・エグザビア役のスチュワート卿も、シリーズの顔として強烈な印象を残してきました。とにかく、優しそうな目と鋭さを内包した面立ち。静けさの中にも確固たる威厳を感じさせるスチュワート卿の演技は、善のカリスマ、プロフェッサーXとの親和性が非常に高かったと思います。アメコミ映画興隆の「功労者」たる二人が、その役割を終えたとして、揃ってX-MENから去ってしまう。こんなに寂しいことはありません。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly