Menu
(0)

Search

「ゴシップガール」ドラマリブート版、2020年10月に撮影開始 ─ 撮影地はNY、LA、バンクーバー

ゴシップガール
© The CW 写真:ゼータイメージ

人気ティーン青春ドラマ「ゴシップガール」(2007-2012)ドラマ・リブート版の撮影が、2020年10月下旬にニューヨークで開始されることがわかった。米Varietyが報じている。

オリジナル版「ゴシップガール」では、ニューヨーク、マンハッタンの高級地区アッパー・イースト・サイドの名門私立学校に通うセレブな高校生たちの恋愛や友情、嫉妬、裏切りなど、複雑な人間模様が描かれた。米HBO Max配信となるリブート版は、ソーシャルメディアサイト「ゴシップガール」が閉鎖されてから8年後のニューヨークを舞台に、サイトによる監視を知ることになる名門私立学校の“新世代”高校生たちの姿を追う。

報道によれば、製作を務める米ワーナー・ブラザースは、本シリーズの撮影が10月下旬に開始されることを発表。現時点での撮影地として、ニューヨーク、ロサンゼルス、バンクーバーの3都市が予定されているという。コロナ禍の影響で撮影スケジュールに遅延が発生していたが、この秋よりようやく企画が前進することになる。

本シリーズには、ナレーターとして物語を盛り上げてきたクリスティン・ベルがオリジナル版から復帰。ほか新キャストに、『ドクター・スリープ』(2019)のエミリー・アリン・リンド、『モリーズ・ゲーム』(2017)のウィットニー・ピーク、「プリティ・リトル・ライアーズ」(2010-2017)のイーライ・ブラウン、「リーサル・ウェポン」(2016-2019)のジョナサン・フェルナンデス、「ピーター・パン・ライブ」(2014)のジェイソン・ゴタイ、『ディープ・アンダーカバー』(2008)ジョーダン・アレクサンダーらが名を連ねている。

原作は、オリジナル版と同様、セシリー・フォン・ジーゲザーの同名小説。製作総指揮にはジョシュ・シュワルツとステファニー・サヴェージがオリジナル版から続投する。全10話構成。

あわせて読みたい

Source: Variety, Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly