Menu
(0)

Search

「ゲーム・オブ・スローンズ」前日譚ドラマ、キャスティングが開始

ゲーム・オブ・スローンズ 最終章
©2020 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)の前日譚を描くスピンオフドラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)」の製作に一歩前進だ。米Entertainment Weeklyによると、キャスティングが開始されたという。

「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」は、「ゲーム・オブ・スローンズ」から300年前を舞台に、エミリア・クラークが演じたデナーリス・ターガリエンらの一族、ターガリエン家のルーツを描く物語。メインシリーズでも言及された、ターガリエン家の内戦「双竜の舞踏」がストーリーの核になるといわれている。

本企画は2019年10月に製作の米HBOが発表。「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者のジョージ・R・R・マーティンによる『Fire & Blood: 300 Years Before A Game of Thrones(原題)』を基に、2020年1月時点で脚本作業が行なわれている。具体的な役者情報などは今回明かされていないが、キャスティングが開始されたということは、物語の筋道がある程度形作られてきたということなのだろう。続報が待たれるところだ。なお1月時点では、2022年の米国放送を目指して企画が進行中と伝えられている

ショーランナーを務めるのは、『ランペイジ 巨獣大乱闘』(2018)「COLONY/コロニー」(2016-2018)のライアン・J・コンダル、「ゲーム・オブ・スローンズ」本編で「落とし子の戦い」などを監督したミゲル・サポチニク。コンダルは脚本を執筆、サポチニクはパイロット版などの監督を務める。製作総指揮にはコンダル&サポチニクのほか、原作者ジョージ・R・R・マーティン、メインシリーズを手がけたヴィンス・ジェラルディスが就任した。なお、HBOは現時点で10話分の製作を発注済みだ。

あわせて読みたい

Source: EW

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly