「ゲーム・オブ・スローンズ」前日譚ドラマは千年前が舞台 ─ ウェスタロス裏歴史やホワイトウォーカーの真実明かす

大人気シリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」の前日譚ドラマの内容が明らかになった。Varietyなど各メディアが報じている。

報道によれば、このドラマでは「ゲーム・オブ・スローンズ」で描かれる出来事の千年前を舞台に、英雄たちの黄金期が暗黒の時を迎えるまでの転落の歴史を描く。ウェスタロスの恐ろしい裏歴史や、ホワイトウォーカーの真実のオリジン、スターク家伝説の謎を解き明かす。発表された概要によれば、「我々が知っている物語とは違う」とのこと。ドラマでは描かれなかった真実が語られるのはもちろんのこと、この前日譚によって、「ゲーム・オブ・スローンズ」の世界がより複雑で重厚になる予感だ。

Game of Thrones (c) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved.HBO(R) and related service marks are the property of Home Box Office, Inc. Distributed by Warner Bros. Entertainment Inc.

放送局のHBOは2017年5月時点にて「ゲーム・オブ・スローンズ」スピンオフ作品の製作予定を明らかにしており、ヒット映画の脚本家ら4名と契約を結んでいた。この度の前日譚ドラマでは、その中から『キック・アス』『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のジェーン・ゴールドマンを脚本家として選抜、2017年9月ごろより製作を進めていた。ゴールドマンは、原作小説『氷と炎の歌』を執筆するジョージ・R・R・マーティンと共に制作指揮も担う。

なお「ゲーム・オブ・スローンズ」は、この度のドラマも含め5作のスピンオフを計画中。原作のマーティン氏は以前、自身のブログにて「検討しているコンセプトのすべてが続編ではなくプリクエル(前日譚)」と綴っていた

「ゲーム・オブ・スローンズ」は、本シリーズ完結編となる最終章が全米で2019年春放送予定。この前日譚ドラマは、本シリーズ放送終了後の2020年初旬ごろの放送を目指すという。「ゲーム・オブ・スローンズ」といえば、TVドラマながら各話が一本の映画並のスケール・予算であることで知られるが、前日譚ドラマも初めから大予算でスタート。本シリーズのシーズン3時並の制作費になるという。参考までに、シーズン3頃の一話ごとの制作費は平均で600万〜800万ドル(およそ6.5億〜8.7億円)ほどだった。

Game of Thrones (c) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved.HBO(R) and related service marks are the property of Home Box Office, Inc. Distributed by Warner Bros. Entertainment Inc.

ちなみに、12,000年におよぶウェスタロスの長い歴史については、モーション・コミックとして「【初回限定生産】ゲーム・オブ・スローンズ<第一章〜第六章>ブルーレイ・ボックス」のボーナス・ディスクとして収められている。来る前日譚ドラマにいち早く備えたいファンは要チェックだ。

Source:Variety

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。