『ゲーム・オブ・スローンズ』前日譚シリーズ、いよいよ製作開始!本編のベテラン脚本家も参加へ

人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚となるドラマシリーズが正式に始動したことがわかった。製作・放送を担当するアメリカのケーブルテレビ局HBOが製作を認めたという。米バラエティ誌が伝えている。

2011年から放送され、世界中で絶大なる人気を誇っているドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』は、今年(2017)に第7シーズンの放送を終了し、来る第8シーズンでいよいよ完結を迎える。HBO史上最大といっていい人気作品のフィナーレを控えて、同局が構想したのがその前日譚シリーズだ。
第一報は2017年5月、4本のスピンオフ作品を4人の脚本家が手がけることが米メディアによって報じられた。しかしその後、原作小説『氷と炎の歌』を執筆するジョージ・R・R・マーティンによって、スピンオフではなく前日譚を描く物語になること、5作品を5人の脚本家が手がけることに決定したことが明かされている

シリーズの重鎮脚本家が参加へ

このたび米バラエティ誌は、前日譚シリーズの製作開始とともに、『ゲーム・オブ・スローンズ』の全シーズンに脚本家・プロデューサーなどで携わっているブライアン・コグマンが参加することを報じた。コグマンは脚本を執筆しており、おそらくそれが「5つ目の作品」ではないかとみられる。なお、コグマンはこれまでに『ゲーム・オブ・スローンズ』各シーズンにつき1~2話の脚本を手がけている。

すでに前日譚シリーズへの参加が報じられている脚本家は、『ゴジラ GODZILLA』(2014)『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)のマックス・ボレンスタイン、『キック・アス』(2010)『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011)のジェーン・ゴールドマン、『L.A.コンフィデンシャル』(1997)『ミスティック・リバー』(2003)のブライアン・ヘルゲランド、ドラマ『マッドメン』(2007-2015)のカーリー・レイ
さらに原作者であるジョージ・R・R・マーティンのほか、そのサポートを担当しているエリオ・ガルシア&リンダ・アントンソンも参加するという。

なお『ゲーム・オブ・スローンズ』前日譚シリーズには、ドラマ本編に登場するキャラクターは一切登場しないという。またシリーズ本編のショーランナーを務めてきた、デイヴィッド・ベニオフ&D・B・ワイスも関与しないとのことだ。

ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』はスター・チャンネルにて日本語吹替版を放送中。なおオンデマンド配信も行われている。

Source: http://variety.com/2017/tv/news/game-of-thrones-prequel-series-hbo-1202564574/
©2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。