グランドマスターのキャスティング、あわやジェフ・ゴールドブラムが外される可能性があった?『マイティ・ソー バトルロイヤル』配役秘話

映画『マイティ・ソー ラグナロク』のユニークなストーリーの要となったグランドマスター。もしもジェフ・ゴールドブラムが演じていなかったら、そのカラフルな魅力は成立しなかっただろう。本作の脚本を手掛けたエリック・ピアソンがYahoo!のインタビューに答えたところによると、実はジェフ・ゴールドブラムは制作過程で一度キャスティングから外されてしまっていたことがあったのだという。

「あのキャラクターには、色々な道が考えられていたんです。パワーを渇望するモンスターとして描くこともできたし、クールで悪に満ちたキャラクターにすることもできました。”ジェフ・ゴールドブラムでいこう”と決まった時、私も”わかりました!”って感じだったんですけど…。」

エリックはジェフ・ゴールドブラムという俳優の独特の空気感を意識し、グランドマスターを冗長で周りくどい口調のキャラクターとして書き上げた。ところが…。

「ある時チームが、(ジェフ・ゴールドブラムでは)上手くいかないと言ってきた。そこで私は“ダメだ!彼以外に誰ができる?”と伝えたのです。」

こうして、エリックの強い推薦によりなんとか離脱を逃れることとなったジェフ・ゴールドブラム。このキャスティングによってグランドマスターがいかに個性的なキャラクターとなったかは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』を鑑賞した方ならよくわかるはずだろう。

 

なお、ジェフが演じるグランドマスターは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でベニチオ・デル・トロが演じたコレクターと兄弟であるという設定になっており、いずれ共演の可能性もあるとされている。無国籍的な空気感を持つコレクターとの兄弟設定がしっくり来るのも、ジェフ・ゴールドブラムならではだろう。仮にゴールドブラム以外に誰があの役を演じられただろうかと考えてみても…やはり”彼以外に誰ができる?”という考えにしか至らない。

Source:https://sg.news.yahoo.com/big-reveal-nixed-romance-noodle-worm-cut-added-thor-ragnarok-170636900.html

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。