20世紀フォックス『猿の惑星:聖戦記』でアカデミー賞狙う!プロデューサーは「アカデミー向きの映画」と自信

20世紀フォックスが『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』で賞レースに勝負を仕掛ける。米Deadlineは、同社が2018年3月のアカデミー賞に向けて本作を猛烈アピールする方針であることを報じた。

これまで『猿の惑星』シリーズは、1968年製作の第1作でジョン・チェンバース(メイクアップ担当)がアカデミー名誉賞を受賞した以外、視覚効果賞やメイクアップ賞へのノミネートを除いてはオスカーからほとんど“黙殺”されてきた。約50年にわたる歴史を持つシリーズにもかかわらず、その存在や影響はアカデミーからの評価を得てこなかったのである。

しかし2017年、20世紀フォックスは『猿の惑星』リブート版3部作の最終章となる『猿の惑星:聖戦記』で、いよいよその歴史を変えようと動き出すようだ。Deadlineによると、同社は本作で美術、撮影、衣裳といったスタッフ部門での受賞を目指すほか、作品賞へのノミネート、マット・リーヴス監督の受賞なども視野に入れているという。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

c 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

20世紀フォックスの本気、プロデューサーの自信

20世紀フォックスは『猿の惑星:聖戦記』のオスカー受賞に向けて、会員へのアピール・キャンペーンを実施するとともに、すでに対策のため専門家を雇い入れているという。完全に“獲りに行く”姿勢だが、この裏側には製作チームの作品に対する自信があるようだ。

本作を含めたリブート版『猿の惑星』3部作でプロデューサーを務めたピーター・チャーニン氏は、『猿の惑星:聖戦記』が2017年に公開された他の作品に劣らない「映画の基本」を備えていると豪語する。そればかりか、その魅力をかくも言葉を尽くして語るのだ。

「私はこの映画にとても自信があるんです。ストーリーテリング、人物造形、物語のテーマ、スケール、それらすべての水準の高さを信じていますよ。[中略]尋常じゃない成果ですし、マット(・リーヴス)はとても優れた演出をしてくれました。アンディ・サーキスは過去もっとも素晴らしい演技を見せていますしね。」

またチャーニン氏は、製作チームの各部門が映画の細部にわたって「できる限りの高みを目指してくれた」といい、その仕事がきちんと評価されることに期待を寄せている。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

c 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

しかしその一方で、氏が強調するのは『猿の惑星:聖戦記』という作品がはらんでいるテーマの奥深さだ。「とてもアカデミー向きの映画だと思います」と話すように、そこには『猿の惑星』シリーズゆえの普遍的メッセージと、現代の観客に対するアプローチがともに備わっているようである。

「(『猿の惑星:聖戦記』は)2017年に公開された映画で最も道徳的な一本だと思います。道徳とは何か? リーダーシップの倫理とは何か? 生き物の魂とは何なのか? 慈悲と復讐心はいかにして均衡を保つのか? これこそ主人公のシーザーが苦しめられるもので、彼は復讐心と自らの義務、そして人々に対する責任の間で引き裂かれてしまうんですよ。私自身とても大切なテーマだと思いますし、歴史的にも、アカデミー賞の投票者たちはこうしたテーマに反応を示しているんです。」

チャーニン氏の主張を横においても、本作『猿の惑星:聖戦記』は2017年7月にアメリカで公開されるやとんでもなく高い評価を受けている。映画批評サイトRotten Tomatoesでは、なんと『スパイダーマン:ホームカミング』『ワンダーウーマン』よりも高い93%フレッシュを獲得している(8月31日現在)のだ。ワーナー・ブラザースは『ワンダーウーマン』をオスカーに向けてプッシュする方針だと報じられているが、もしかして次のアカデミー賞では『猿の惑星:聖戦記』が思わぬ存在感を示す可能性もあるかもしれない。

いずれにせよ昨今のハリウッドで起きているのは、いわゆる「ジャンル映画」と呼ばれて賞レースから従来弾かれてきた作品群が恐ろしいまでの社会性とテーマ性をはらみ、もはや無視できないほどの存在感を見せていることだ。むろん、正確には随分古くからそうであったはずなのだが……。2018年の春、「ようやく時代が追いついた」といえる未来が待っていることを心から祈りたい。

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は2017年10月13日より全国ロードショー

Source:?http://deadline.com/2017/08/oscars-fox-best-picture-war-for-the-planet-of-the-apes-1202158378/
c 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。