Menu
(0)

Search

「グリーン・ホーネット」アニメ化が始動、ホーネットの息子とカトーの娘を描くファミリー向けに

グリーン・ホーネット
© Columbia Pictures 写真:ゼータイメージ

人気シリーズ『グリーン・ホーネット』のアニメ化企画が進行していることが分かった。

1936年のラジオ放送で誕生した『グリーン・ホーネット』は、新聞社の若き社長ブリット・リードの持つもう一つの顔、謎のヒーロー「グリーン・ホーネット」と武術の達人カトーが、愛車ブラックビューティー号と共に犯罪と戦うアクション作品。1966年のTVシリーズ版では、ブルース・リーがカトー役で出演。リーにとっての出世作として知られている。2011年の映画版では、セス・ローゲンがグリーン・ホーネット役、ジェイ・チョウがカトー役を務めた。

新たなアニメ版は現代が舞台で、グリーン・ホーネットの息子とカトーの娘がパートナーを組み、センチュリー・シティの犯罪との戦いが描かれるという。ブラックビューティー号も登場するということだ。

製作は数々のコメディ映画やポップカルチャー作品の脚本、編集などで知られるケヴィン・スミス。スヌーピー(Peanuts)やテレタビーズなど子供向け作品を手掛けるWildBrainと共に、ファミリー向けに仕上げるとのことだ。

ケヴィン・スミスはシリーズ初のアニメ化を手掛ける喜びのコメントを発表。「Batman: The Animated Series(原題)」「Heavy Metal(原題)」「スーパーフレンズ」といったアニメ作品からインスピレーションを得ているとしながら、「過去と未来、2人のホーネットの伝説を語ります」と予告した。なお、スミスは2004年に『グリーン・ホーネット』映画化企画の脚本を執筆していたことがあった。

『グリーン・ホーネット』はほかにも、米ユニバーサルが主導する映画『Green Hornet and Kato(原題)』の製作も決定している。長い歴史を持つスーパーヒーローに新時代到来の兆しだ。

あわせて読みたい

Source:WildBrain

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly