Menu
(0)

Search

『グリーン・ホーネット』再映画化、原題は『グリーン・ホーネット・アンド・カトー』に ─ ユニバーサル・ピクチャーズの米配給が決定

グリーン・ホーネット
© Columbia Pictures 写真:ゼータイメージ

米ユニバーサル・ピクチャーズが、製作会社アメイジア・エンターテインメントとパートナー契約を結び、『グリーン・ホーネット』の映画『Green Hornet and Kato(原題)』を製作することが明らかになった。米Varietyが報じている。

1936年のラジオ放送で誕生した『グリーン・ホーネット』は、新聞社の若き社長ブリット・リードの持つもう一つの顔、謎のヒーロー「グリーン・ホーネット」と武術の達人カトーが、愛車ブラックビューティー号と共に犯罪と戦うアクション作品。2020年1月末、マーベル・スタジオ元社長マイケル・ヘルファンらが創設したアメイジア・エンターテインメントが、長編映画シリーズ化権を獲得していた

ユニバーサルのピーター・クラマー社長は、この度の発表に際して「『グリーン・ホーネット』は、これまでに作られた象徴的で愛されるスーパーヒーローの物語の1つで、どのような語りの形式であれ、何世代にも渡ってファンの方たちを楽しませてきました。マイケル、ブラッドリー、そしてアメイジアのチームの皆さんとパートナーシップを組み、ブリット・リード、カトー、ブラックビューティー号の新たな映画の世界を立ち上げられることにワクワクしています。近々、世界の皆様に共有できることが待ち切れません」と熱意を示している。

これまでに幾度となく映像化されてきた『グリーン・ホーネット』は、ラジオ放送に続き、1940,41年にユニバーサルが2作の連続活劇を発表。以降、1966年にTVシリーズ、2011年に映画としてリメイクされている。TV シリーズ版には、ブルース・リーがカトー役で出演。リーにとっての出世作として知られている。映画版では、セス・ローゲンがグリーン・ホーネット役、ジェイ・チョウがカトー役を務めた。映像作品の中では同シリーズの開拓者とも言えるユニバーサルにとって、本作は約80年ぶりの再映像化となる。続報に期待しよう。

合わせて読みたい

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly