【つらい】ミシェル・ゴンドリー監督が明かす『グリーン・ホーネット』の真実。監督人生で最悪の経験?

『エターナル・サンシャイン』などで知られるミシェル・ゴンドリー監督が、自身のキャリアでも異色作にあたる『グリーン・ホーネット』について語った。ハリウッドの大手スタジオで映画を撮ることは、彼にとって非常につらい経験だったようだ。

たそがれるゴンドリー監督。 http://www.hollywoodreporter.com/news/director-michael-gondry-talks-eternal-908116

たそがれるゴンドリー監督。
http://www.hollywoodreporter.com/news/director-michael-gondry-talks-eternal-908116

はじまりは1990年代

そもそも『グリーン・ホーネット』とは、古くは1930~40年代から、映画・コミック・ドラマなどで長年人気を博してきたシリーズだ。その再映画化プロジェクトにゴンドリー監督が加わったのは、映画が公開される15年ほど前、1996~97年ごろだった。

「私は『グリーン・ホーネット』の最初のバージョンに数年間かかわったんだ。『ロボコップ』や『スターシップ・トゥルーパーズ』を書いた、脚本家のエドワード・ニューマイヤーと作業したんだ。私たちはとても刺激的なシナリオを書いたよ」

しかし1ヶ月後、プロジェクトはいきなり暗礁に乗り上げる。

「当時のスタジオ、ユニバーサルの幹部からプロジェクトを延期すると聞かされてね。彼らは私に、『つぎにプロジェクトを選ぶときは上層部に確認してくれ』と言ったんだ。とても失望したよ。そう言った男こそ、私にプロジェクトに加わるよう求めてきた人間だったからね。私のキャリアでも特に悪い出来事だ」

こちらはドラマ版『グリーン・ホーネット』。右がブルース・リー。 http://www.tvhistorypod.com/?attachment_id=259

こちらはドラマ版『グリーン・ホーネット』。カトー役を演じたのはブルース・リー(右)。
http://www.tvhistorypod.com/?attachment_id=259

10年越しの再登板

その後、『グリーン・ホーネット』のプロジェクトがゴンドリー監督のもとに戻ってきたのは2009年だった。監督を務める予定だったチャウ・シンチーが降板、その後を継ぐかたちで正式に監督として参加したのだ。製作会社はコロンビア・ピクチャーズに移っていた。

無事に完成した『グリーン・ホーネット』は2011年に公開され、興行的には上々、評価的には良くも悪くもない成績を収めている。しかし撮影中には、主演・脚本・製作総指揮を兼任するセス・ローゲンとの不仲が噂されたようだ。これについて監督は、

「いや、そうでもないね。彼(ローゲン)はとても良かったし、我々はとても上手くやったよ。ただ時々、自分の居場所を見つけるのが難しかったんだ。彼が本を書いて、演じて、映画をプロデュースしていた。だから、私が自分自身を表現するのは大変だったよ。自分のことが脇に置かれてるとは思わなかったけど」

と、なんともいえない回答をしている。

こちらがゴンドリー監督による『グリーン・ホーネット』。 https://moviesovermatter.wordpress.com/2011/01/21/the-green-hornet/

こちらがゴンドリー監督による『グリーン・ホーネット』。
https://moviesovermatter.wordpress.com/2011/01/21/the-green-hornet/


いずれにしろゴンドリー監督は、『グリーン・ホーネット』以降、ハリウッドのスタジオが製作する作品には携わっていない。その理由を問われると、

「たくさんの脚本を読むけど、大規模で予算のかかる映画と恋に落ちるのは難しいんだ。参加するときには脚本作業がすっかり進んでいる。もうそのときには、創造性を発揮したり、キャラクターやストーリーとつながったりする余白はないって思うんだよ」

と述べている。監督は自身の作風を「いつも極めてパーソナルなものを撮る」ところだと評しているが、その性質がハリウッドの製作スタイルと合わないのだろうか。またいつか大作映画も観てみたいところだが……。

ミシェル・ゴンドリー監督の新作は、自身の自伝的作品『グッバイ、サマー』。日本では2016年9月12日公開予定だ。

source:
http://www.hollywoodreporter.com/news/director-michael-gondry-talks-eternal-908116
http://eiga.com/news/20090226/3/

 

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。