Menu
(0)

Search

『グリーンランド』続編決定、ジェラルド・バトラー&リック・ローマン・ウォー監督が続投

『グリーンランドー地球最後の2日間ー』
© 2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ジェラルド・バトラー主演、日本では2021年6月4日より公開を迎えたばかりのディザスターアクション映画グリーンランド―地球最後の2日間―』の続編映画が製作されることが決定した。米Varietyなどが報じている。

『グリーンランド』では、突然現れた彗星の破片が隕石となり地球に衝突してからのサバイバルスリラーが描かれた。ジェラルド・バトラー演じる建築技師の男ジョン・ギャリティの一家に焦点が当てられ、避難区域を目指しての逃避行が繰り広げられた。2020年8月、コロナ禍で世界封切りを迎えた第1作は、26カ国以上で興行収入記録1位を獲得。本国アメリカでは、米HBO Maxでのデジタル配信となり、米AppleとGoogle Play上のレンタル記録でも好調な成績を残した。

続編には、主演のジェラルド・バトラーとジョンの妻アリソン役のモリーナ・バッカリンが続投。第1作でメガホンを取ったリック・ローマン・ウォー監督と、脚本のクリス・スパーリングも揃って復帰する。物語は第1作の続きからとなり、ギャリティ家が新たな家を求めて凍えるヨーロッパの土地を横断する旅が描かれるという。撮影は2022年開始予定。

バトラーとは『エンド・オブ・ステイツ』(2019)からの再タッグを飾ったウォー監督は、続編の製作発表に際して、「『グリーンランド』は、世界全体が壊滅的な状況にある中で、私たち人類に対して語りかけたものです。良くも悪くも、人間が生死に関わる状況の中で他人に何をしてあげられるのかに焦点を当てています」とコメント。「皮肉なのは、コロナ禍前に作った映画なのに、多くの状況が現実になっているということです。最初の大量絶滅後のギャリティ家の新たな物語をとても楽しみにしています」と意気込みを語った。

『グリーンランド ─地球最後の2日間─』は公開中。

あわせて読みたい

Source: Variety,The Hollywood Reporter

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly