Menu
(0)

Search

『グレムリン』マウンテンデューをガブ飲みで分裂、米CMで復活 ─ 中年ビリー役、ベビーヨーダより「もふもふでカワイイ」

グレムリン
https://i.ytimg.com/vi/Teep-y_wjXA/maxresdefault.jpg

今もなお愛され続ける“コワ可愛い”生物『グレムリン』が、約30年の時を超えて帰ってきた。すっかり中年の男性となった主人公ビリー。今もギズモと一緒に過ごしているようだ。

このたびビリーとギズモのツーショットを捉えたのは、日本でも人気の炭酸飲料マウンテンデューのCM映像。30秒の映像の冒頭、ソファに並んで座るビリーとギズモの姿が映し出される。なにやらギズモは、ビリーに何か必死に訴えかけている様子だ。これにビリーは「マウンテンデューゼロシュガーを飲んでみたいのかい?」と問いかける。するとギズモは「トライ(try)」と、たどたどしくも元気よく返事し、プシューとペットボトルの蓋をゆるめてがぶ飲み。

ギズモは、口からマウンテン・デューを溢れさせ、思いっきり身体へとこぼしてしまう。ここで思い浮かべるのが、ギズモにグレムリンを分裂させないための3つの約束の1つ、“水に濡らしてはいけない”だ。案の定、ギズモの体からは次々に分裂体が飛び出し、ビリーも呆れ顔で「ふぅ」とため息をつく。そこに騒ぎを聞きつけて、やってきたのはビリーの娘だ。肩には他のモグワイを乗せている。

このたびの映像公開にあわせて、ビリーを再演したザック・ギャリガンは、米Entertainment Weeklyのインタビューに登場。再演にあたっての所感や、第3作企画の噂などについて口を開いた。その中で、ギズモとよく比較されることで話題のキャラクター、「マンダロリアン」に登場するベビーヨーダについて、「ギズモとどちらが可愛いと思いますか?」と質問を投げかけられたキャリガン。これには、「僕の相棒のほうが可愛いですよ」と回答した。「ギズモのほうが毛がモフモフで、僕にとってはその方が可愛いんです。ベビーヨーダは(体毛が)剃られていて、毛が薄そうですから」。

『グレムリン』の映画シリーズは、1984年に第1作が、1990年には続編『グレムリン2 新・種・誕・生』が公開。第3作製作の噂は数年に渡って伝えられている。2020年11月には、第1作で脚本を務めたクリス・コロンバスが、第3作に前向きな姿勢を見せており、脚本が存在していることを明言。実現はタイミング次第と語っていた。

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly