Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』第7&8作、連続撮影を断念 ─ コロナ禍での遅延、トム・クルーズ『トップガン』続編の宣伝活動へ

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

トム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズミッション:インポッシブル』第7作・第8作(ともにタイトル未定)の連続撮影が、コロナ禍によるスケジュール変動の影響で断念されたことがわかった。米Deadlineが報じている。

『ミッション:インポッシブル』2部作は、撮影開始前より連続で実施されることが判明していた。2020年10月中旬より、順当に第7作から撮影を開始。ローマに始まり、その後はイギリス、ノルウェー、イタリアと撮影地を転々と移動して進められていた。途中、複数回に渡る撮影中断を経て、2021年に入ってからは、中東アラブ首長国連邦で撮影が実施されていたことが判明している。

報道によれば、第7作の撮影は終了間近だという。2021年2月15日(現地時間)時点でアラブでの撮影が無事終了し、今後は英ロンドンにて仕上げ作業に入るとのことだ。このまま撮影は第8作に進むと思われたが、コロナ禍によるスケジュールの遅延を受けて、製作の米パラマウント・ピクチャーズは連続での実施を断念したという。

今後、主演のトム・クルーズは、2021年7月に米公開が予定されている『トップガン マーヴェリック』のプロモーションに入る模様。同作の封切り後、『ミッション:インポッシブル』第8作の撮影が開始される見立てと伝えられている。もっとも、1つ大きく懸念される点は第8作の公開日だ。第7作・第8作は連続公開される予定で、それぞれ2021年11月、2022年11月に公開日が設定されている。連続撮影が断念された現状、第8作の公開日にどれほどの影響が及ぶのかは注視しておくべきだろう。

映画『ミッション:インポッシブル』第7作は2021年11月19日、第8作は2022年11月4日に米国公開予定(ともにタイトル未定)。

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly