Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』グルート別人設定、クリス・プラットが独自解釈語る ― 監督、出演者にも明かしていなかった

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)のグルートと、その続編『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)に登場したベビー・グルートは別人だった
ジェームズ・ガン監督がTwitterで明かした事実は、全世界のファンに大きな衝撃と動揺をもたらした。詳細はこちらの記事に譲るが、ベビー・グルートにグルートの記憶は引き継がれておらず、性格も異なるのだという。

では、グルート/ベビー・グルートのチームメンバーであるガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを演じる俳優陣は、この事実をどう受け止めていたのか。米FOX 5 DCのインタビューに登場したスター・ロード役のクリス・プラットは、この設定について自身の解釈を語っている。

注意

この記事には、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のネタバレが含まれています。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
写真:ゼータ イメージ

―――

――

クリス・プラット、「父親としての」解釈語る

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のクライマックスにおいて、グルートは自身を犠牲にすることで仲間たちの命を守る。残った枝から育ったのが、続編に登場するベビー・グルート、そして『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のティーン・グルートだ。

グルート/ベビー・グルートの設定を解釈するにあたって、クリスが参考としたのは、彼自身が父親であるということだった。

「(グルートの設定について)僕はこんなふうに考えてます。もちろんジェームズ(・ガン監督)の考えはあると思いますけど、僕は父親として、息子がいる者として、常にこう捉えてました。いつか僕が死んでも、僕の中身は生きている。息子の中で生きていくことになるんだと。もちろん、息子の母親とシェアするんですけど。グルートの場合は性別がないので、そのまま生き続けてると思います。ただし、その人生に誕生と死ははっきりあるんですが。」

またクリスは、グルートについて「林檎の木みたいなもの」だと表現。自身の解釈をさらに補足している。

「林檎の木から種が落ちて、また別の木が育っていく。厳密にいえば、最初の木がそこにはまだ存在しますよね。最初の木から新しい木が育って、そのあとも成長していくわけですから。それでも木の生命は、芽が出た瞬間と、切られてしまう瞬間によって区切られているんです。」

ジェームズ・ガン、出演者にも明かしていなかった

一方、グルートとベビー・グルートが別人であるという設定を、ジェームズ・ガン監督は多くの出演者に知らせていなかったようだ。ドラックス役のデイヴ・バウティスタは「わかってなかった。同じグルートだと思ってました」と述べ、マンティス役のポム・クレメンティーフも同調しているのである。

「監督とそういう話はしなかったんですか?」と尋ねられ、デイヴはこのように答えている。

「してません。(別人設定は)Twitterで知ったんです(笑)。誰もそんなこと(監督に)聞かなかったと思いますね、みんなが想像してただけで。」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』を経て、グルートは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』でさらなる成長を遂げていくことだろう。別人の設定が共通認識となったことで、もしかして今後の作品になんらかの変化が生じる可能性もある……?

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー。なお『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(仮題)』は2020年米国公開予定だ。

Source: FOX 5 DC

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly