ミニオン快進撃止まらず!『怪盗グルー』シリーズが興行収入世界1位のアニメーション映画に

イルミネーション・エンターテイメント製作の『怪盗グルー』シリーズが、世界で最も収益を上げたアニメーション映画シリーズになったと報じられた。日本では2017年7月21日に公開されたシリーズ第3作『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、既に世界中で8億7,947万ドルを記録。シリーズ累計収入が35億2,800万ドルとなり、35億1,000万ドルを売り上げた『シュレック』シリーズを突破したのである。

怪盗グルーのミニオン大脱走

やったね!(C) Universal Studios

BoxOfficeによると第1作『怪盗グルーの月泥棒 3D』(2010)の全米興行収入は2億5,151万ドル、全世界で5億4,311万ドル。続く第2作『解答グルーのミニオン危機一発』(2013)は67の国際市場で1位を記録し、全世界で9億7,076万ドルを売り上げた。怪盗グルーとミニオン達が出会うまでを描いたスピンオフ作品『ミニオンズ』(2015)は全世界で11億5,939万ドルに達している。


現在日本で公開中の『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、公開3週目にして観客動員数200万人を突破。2017年夏、世界中でミニオン達の快進撃はまだまだ止まらない。

(文 : Moeka Kotaki)

Source:http://deadline.com/2017/08/despicable-me-highest-grossing-animated-franchise-all-time-shrek-illumination-universal-box-office-1202143599/
http://www.boxofficemojo.com/search/?q=Despicable%20Me

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。