Menu
(0)

Search

実写版『機動戦士ガンダム』、シリーズ初心者向けの作品目指す「ここを入り口に」─ 監督が意気込み語る

機動戦士ガンダム

Netflixにて現在進行中の実写映画版『機動戦士ガンダム』。どうやらこの実写版は、これまでのアニメシリーズに触れてきたことのないような初心者も安心して見られる作品となるようだ。

本作で監督を務めるのは、ジョーダン・ヴォート=ロバーツ。『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)で世界中を熱狂させた監督であり、ゲーム『メタルギアソリッド』の実写版も控える注目の逸材だ。そんなロバーツが、米Entertainment Weeklyのインタビューにて、『ガンダム』実写版での意気込みについて以下のように語っている。

「“どこから見始めればいいのか分からない”と悩んでいる人たちのためにも、“ここから始めればいい。ここが入り口だ”というような、アクセスポイントを提供したいです。」

つづけてロバーツは本作について、「異なる時間軸などいくつかの要素が組み合わさったものになるかもしれません」と意味深な発言も交えながら、『ガンダム』の愛すべき要素を全て捉えていくと語っている。そしてファンには、「“これがわたしのガンダムだ”と言わせたい」ようで、シリーズでおなじみのスペクタクルなアニメーションのアクションを、いまだかつてみたことのない方法で実現させたいという。ファンから初心者まで誰もが楽しめる作品となりそうだ。

なおロバーツは、『ガンダム』シリーズのテーマが「戦争は生の権利を奪う」であり、「戦争の残酷さと向き合い、他の世代の戦争と闘い、そこからいかにして人間関係や愛、そして対立が生まれたのかを描いています」と持論を述べている。そのテーマが実写版でも継承されることに期待したいところだ。

Source: Entertainment Weekly

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly