Menu
(0)

Search

『機動戦士ガンダム』Netflixが実写映画化、『キングコング:髑髏島の巨神』監督が就任

機動戦士ガンダム

日本の誇る超人気ロボットアニメをハリウッドが実写映画化する機動戦士ガンダム(原題:Gundam)』の監督として、『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)のジョーダン・ヴォート=ロバーツが就任した。あわせて、Netflixが製作を担当することも発表された。

実写映画版『機動戦士ガンダム』は、株式会社サンライズが『パシフィック・リム』(2013)『GODZILLA ゴジラ』(2014)『ゴジラvsコング』(2021)などのレジェンダリー・ピクチャーズ、Netflixと共同制作するもの。Netflixオリジナル作品として全世界で配信されるとみられるが、中国ではレジェンダリーの配給で劇場公開される予定だ。

credit: UTA

現時点で実写版のストーリーは不明だが、オリジナルの『機動戦士ガンダム』シリーズは、増えすぎた人口をスペース・コロニーへ移住させるようになった宇宙世紀が舞台。コロニーで暮らす人類は自立を求め、地球の人類に独立戦争を挑み、やがて人間同士の紛争が巻き起こる。1979年の始動後、現在までメディアを超えて拡大を続ける超人気シリーズとなった。

脚本を執筆するのは、コミック『Y:THE LAST MAN』(誠文堂新光社)『サーガ』(ShoPro Books)のブライアン・K・ヴォーン。過去には「LOST」(2004-2010)「アンダー・ザ・ドーム」(2013-2015)「マーベル ランナウェイズ」シーズン1(2017)に参加した才能だ。製作総指揮のケール・ボーイターは、『パシフィック・リム:アップライジング』(2018)『名探偵ピカチュウ』(2019)を手がけ、今後はドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によるSF大作映画『DUNE/デューン 砂の惑星』を控える。

監督を務めるジョーダン・ヴォート=ロバーツは、同じくレジェンダリー製作の『キングコング:髑髏島の巨神』に古今東西のポップカルチャーに対するオマージュを詰め込むなど、日本製ポップカルチャーへの造詣も深い人物。日本の人気ゲーム『メタルギアソリッド』の実写映画版でも監督に就任している。

あわせて読みたい

Source: Netflix

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly