Menu
(0)

Search

『スーサイド・スクワッド』新作映画に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ジェームズ・ガン監督が交渉中 ─ ザック・スナイダーも参画で2021年8月米公開予定

ジェームズ・ガン
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:James_Gunn_(28663744545).jpg

過去の不適切なツイートにより、米ディズニーより解雇されたマーベル『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ジェームズ・ガン監督が、DC『スーサイド・スクワッド』新作映画の監督として交渉中であることがわかった。米The Hollywood Reporterが伝えた。

スーサイド・スクワッド
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

米ワーナー・ブラザースとDCコミックスは2018年10月、ガンが『スーサイド・スクワッド』新作映画の脚本を執筆していることを発表していた。監督も務める可能性があると見られていたところ、このたびの動きに至ったということだ。

報道によれば、この新作映画は『スーサイド・スクワッド』続編と記されながらも、2016年のデヴィッド・エアー監督による『スーサイド・スクワッド』直接的な続編にはならず、ガン監督はキャストの大半を一新した新方向で手がける模様。The Hollywood Reporterはこれを「リランチ」と呼んでいる。タイトルは『ザ・スーサイド・スクワッド(The Suicide Squad)』で、2021年8月の米国公開がセットされたことも明らかになった。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にあった”ジェームズ・ガン節”が見られるという。

プロデューサーには、これまでのDC映画を手がけたチャールズ・ローヴェンや、『アクアマン』(2019)『シャザム!』(2019)などのピーター・サフラン。エクゼクティブ・プロデューサーには『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)などのザック・スナイダーとデボラ・スナイダーも名を連ねている。

ジェームズ・ガンが監督交渉中の『ザ・スーサイド・スクワッド(邦題未定)』は、2021年8月米国公開予定。

Source:THR

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly