Menu
(0)

Search

『ゴジラvsコング』米興収、『TENET』超えて快進撃 ─ 新型コロナ後の最大ヒット映画に

ゴジラvsコング
© 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

ゴジラvsコングが快進撃を続けている。米Box Officeの報告によれば、2021年3月31日に米公開を迎えた本作は、2回目の週末を経て米国内興行収入が6,950万ドル、全世界では3億5,780万に到達した。

これは新型コロナウイルスのパンデミック後に公開された映画としては最高ペースだ。既に『ワンダーウーマン 1917』(2020)の世界累計興行収入1億6,626万ドルを超えた本作は、『TENET テネット』の同記録3億6,313万ドルにもまもなく到達する見込み。同作の米興収5,793万ドルは公開2週目にして既に超えている。

中国では、アメリカの約2倍の記録である1億3,650万ドルを叩き出している。次いでメキシコが1,302万ドル、オーストラリアで1,075万ドルの記録。

苦境だった米映画館チェーン企業の株価を上昇させ、映画界の救世主とも称揚される同作は、HBO Maxにも恩恵をもたらしている。調査によれば、2021年のQ1におけるアメリカでのアプリダウンロード数において、HBO MaxはNetflixのすぐ背後の第9位に上昇。さらにアプリ内課金では、YouTube、Tinder、Disney+、Twitchに次いで第5位に。米Varietyはこれを「『ゴジラvsコング』がHBO MaxをQ1アプリダウンロードTop10に食い込ませた」として、同作の存在感を伝えている。

『ゴジラvsコング』は、現時点で新型コロナウイルス以降最大のヒット作となっている。日本公開は2021年5月14日。ゴジラの本家本国としてさらなる記録に貢献できるよう、万全の体制で迎えたいものだ。

Source:Box Office,Deadline,Variety

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly