Menu
(0)

Search

『ゴジラvsコング』世界興収4億ドル目前 ─ 『ロード・オブ・ザ・リング』中国再上映は『名探偵コナン』に敗れる

ゴジラvsコング
© 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

2021年3月31日米公開のゴジラvsコングは3回目の週末の世界興収で3億9,020万ドルに到達した。4億ドルも目前に控えている。前週からおよそ3,240万ドルの追加となる。

すでにコロナ禍以降最大のハリウッド大作となった『ゴジラvsコング』は、『TENET テネット』の累計記録3億6,313万ドルを3週目にして超えることとなった。

この記録を伝える記事で米Deadlineが文量を割いているのは、日本のアニメ映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の驚異的な記録だ。4月16日に世界同時公開となった同作の世界興収は、初週末にして3,500〜3,800万ドルの見込み。日本で動員1位を飾ったのは言わずもがな、中国でも1,600万ドル超えで第1位登場。米Varietyによれば、これは同国における『ゴジラvsコング』や、4Kリマスターで再上映の『ロード・オブ・ザ・リング』をも凌ぐヒットだ。もっとも『ロード・オブ・ザ・リング』は、映画のデジタルデータが納期までに届けられず、16日(金)と17日(土)の公開を取りやめる返金騒動が勃発していたようである。

『ゴジラvsコング』日本公開は5月14日。米公開からおよそ一月半の遅れを嘆く声も多いが、仮に日米同時公開となっていたとしても、『名探偵コナン』にスクリーンと話題をあっという間に奪われていた可能性もあっただろう。しかしながら、他に客入りが見込まれる邦画大作の『るろうに剣心』も、4月23日に『The Final』を、6月4日に『The Biginning』を連続公開予定で、『ゴジラvsコング』はこの二本の刀のちょうど真ん中に挟まれている。この春はどこにいても強敵『名探偵コナン』『るろうに剣心』との対決を強いられねばならず、『ゴジラvsコング』の日本公開日設定には相当の検討があったと推察できる。

Source:Deadline,Variety

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly