Menu
(0)

Search

『ゴジラvsコング』監督、今後のモンスターバースに「徹底的な怪獣映画」希望 ─ 「人間の出番は3割ぐらいで」

© 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

映画ゴジラvsコングは、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)がクロスオーバーする「モンスターバース」の現時点での集大成。本作のアダム・ウィンガード監督は、“もし実現するなら”とアイデアを提案している。

Entertainment Weeklyにて、ウィンガード監督は「もしモンスターバースの新作映画が作られるのなら、初めての徹底的な怪獣映画にすべき」と語った。「人間の出番は30%くらいで、あとは怪獣。“この手の映画はこういうもの”という常識をひっくり返してほしい」。その背景には、監督自身が『ゴジラvsコング』で試みた挑戦への手応えがあった。

「『ゴジラvsコング』は、人間たちを放っておいて、怪獣に焦点を合わせるだけのシーンを作ることができた初めての映画だと思います。怪獣をほかの(人間の)キャラクターと同じように扱った。CG的にも、ストーリー的にも非常に画期的なことです。」

ウィンガード監督の作戦は功を奏し、本作は米国で公開されるや、観客の満足度調査に基づくCinema ScoreにてA評価を獲得。これはモンスターバースの過去作品が達成できなかった史上最高の成績だ。また、米Rotten Tomatoesの観客スコアも公開直後から95%前後の高評価となった。人間の出番を減らし、怪獣にフォーカスする“徹底的な怪獣映画”について、監督は「観客も心の準備ができていると思う」と言っている。

あわせて読みたい

Sources: Entertainment Weekly, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly