Menu
(0)

Search

『ゴジラvsコング』監督、今後のモンスターバースに「徹底的な怪獣映画」希望 ─ 「人間の出番は3割ぐらいで」

© 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

映画ゴジラvsコングは、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)がクロスオーバーする「モンスターバース」の現時点での集大成。本作のアダム・ウィンガード監督は、“もし実現するなら”とアイデアを提案している。

Entertainment Weeklyにて、ウィンガード監督は「もしモンスターバースの新作映画が作られるのなら、初めての徹底的な怪獣映画にすべき」と語った。「人間の出番は30%くらいで、あとは怪獣。“この手の映画はこういうもの”という常識をひっくり返してほしい」。その背景には、監督自身が『ゴジラvsコング』で試みた挑戦への手応えがあった。

「『ゴジラvsコング』は、人間たちを放っておいて、怪獣に焦点を合わせるだけのシーンを作ることができた初めての映画だと思います。怪獣をほかの(人間の)キャラクターと同じように扱った。CG的にも、ストーリー的にも非常に画期的なことです。」

ウィンガード監督の作戦は功を奏し、本作は米国で公開されるや、観客の満足度調査に基づくCinema ScoreにてA評価を獲得。これはモンスターバースの過去作品が達成できなかった史上最高の成績だ。また、米Rotten Tomatoesの観客スコアも公開直後から95%前後の高評価となった。人間の出番を減らし、怪獣にフォーカスする“徹底的な怪獣映画”について、監督は「観客も心の準備ができていると思う」と言っている。

あわせて読みたい

Sources: Entertainment Weekly, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly