Menu
(0)

Search

『ゴジラvsコング』上映時間が仏映画サイトで判明

ゴジラvsコング
© 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

二大モンスターが衝突する最新映画ゴジラvsコング』の上映時間が判明したようだ。

本作は、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)がクロスオーバーするモンスターバースの第4作。髑髏島の巨神と怪獣王が世紀の一戦を繰り広げるとだけあり、公開前から大きな盛りあがりが見られている。

そんな本作の上映時間が、仏映画情報サイトAllocineで判明したようだ。同サイトによれば、『ゴジラvsコング』の上映時間は1時間53分。これまでのモンスターバース前3作を振り返ると、2014年公開の『GODZILLA ゴジラ』が2時間3分、2017年公開の『キングコング: 髑髏島の巨神』が1時間58分、そして前作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が2時間12分と、いずれも2時間前後の収まりだ。

本作『ゴジラvsコング』は、モンスターバース作品では最も短い上映時間になる。意外にもコンパクトに収まった本作だが、二大怪獣のバトルはいかに描かれるのだろうか。

ちなみに、監督を務めるアダム・ウィンガードは、本作をIMAX3Dのスクリーンで鑑賞したようで、「度肝を抜かれた」と絶賛している。上映の尺にかかわらず、そのスケールには期待しておくべきだろう。

あわせて読みたい

Source:  Allocine

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly