Menu
(0)

Search

ポール・トーマス・アンダーソン監督作、ハイム「Man From The Magazine」MVが公開

『ファントム・スレッド』(2017)『ザ・マスター』(2012)の映画監督ポール・トーマス・アンダーソンが手がけた、カリフォルニアの3姉妹グループ・ハイム(Haim)による「Man From The Magazine」のミュージックビデオが公開された。この楽曲は、最新アルバム『ウーマン・イン・ミュージック パートIII』に収録されている。

1990年代からミュージックビデオの監督も多数務めているポール・トーマス・アンダーソンは、ハイムのミュージックビデオを2017年から継続的に手がけている。「Man From The Magazine」のミュージック・ビデオでは、3姉妹の次女・ダニエルが男性客のオーダーを取りながら、男性に見下される女性の胸中を綴った歌詞を口ずさむ。

クリント・イーストウッド特集

ミュージックビデオの公開に際し、ハイムは「このビデオは『ウーマン・イン・ミュージック パートⅢ』のジャケット写真を撮影した日にそのまま撮影しました。アルバムを通しで聴いた後にポールが思いついたアイデアで、誰もがこの曲にはビジュアルを伴うものが必要だと強く感じていたんです。だからダニエルがマイクを付けて、デリの中で生で歌いました」とのコメントを発表している。

「Man From The Magazine」は、女性バンドであるハイムに対し、男性優位的な考えを持つ一部の男性たちに向けて書かれたもの。長女のエスティは、ライブ中に気分良く演奏した際、他の男性バンドと同じような表情を浮かべたところ、後日、男性のインタビュアーから「ベッドでもそういう表情を見せるの?」と聞かれたことを明かしている。当時はジョークにして誤魔化していたというが、いま同じことを訊かれたら「きっと顔を殴る」と述べている。男性ならば普通に受け入れられることでも、女性ならば好奇の目に晒されてしまうという風潮を批判し、多くの女性から共感を呼んでいる一曲だ。

ハイム『ウーマン・イン・ミュージック パートⅢ』

輸入盤・デジタル配信中
国内盤CD 2020年7月1日発売
全16曲収録、歌詞対訳、解説付 // ¥2,500(税抜) // UICP-1205

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly