Menu
(0)

Search

ユニバーサル・スタジオの「ハロウィーン・ホラーナイト」に映画化企画あり ─ ホラー界の風雲児ジェイソン・ブラムが意欲

Photo by Jeremy Thompson https://www.flickr.com/photos/rollercoasterphilosophy/

ユニバーサル・スタジオ企画のスペシャルイベント「ハロウィーン・ホラーナイト」が映画化されるかもしれない。『インシディアス』シリーズや『ゲット・アウト』(2017)など数々のホラー映画を成功させてきた米ブラムハウス・プロダクションズの創設者ジェイソン・ブラムが、夢の映画化の可能性について言及している。

「ハロウィーン・ホラーナイト」は、毎年ハロウィーンの時期に世界4ヵ所のユニバーサル・スタジオで開催される人気イベント。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、『チャイルド・プレイ』『バイオハザード』など有名タイトルをフィーチャーしたアトラクションや、ゾンビがパーク内を徘徊する「ストリート・ゾンビ」が大好評だ。アメリカのユニバーサル・スタジオでも、有名ホラー作品をモチーフとした企画を展開しており、中でもNetflixオリジナルシリーズ「ストレンジャー・シングス」の迷路アトラクションは、2018年から2年連続開催されるほどの人気を博している。

そんな「ハロウィーン・ホラーナイト」が、もしも映画化されたら…? 米Colliderのインタビューで、同イベント映画化の可能性について尋ねられたブラムは「(可能性は)もちろんあります!実際に話し合いもしましたから。まだ十分に考えているわけではないのですが、『ハロウィーンホラーナイト』映画化は、間違いなくどこかにありますよ」とコメントしている。

「ハロウィーン・ホラーナイト」といえば、お化け屋敷や有名タイトルとコラボレーションしたアトラクションに加え、DJダンスパーティーやクレイジーなライブパフォーマンスなど、多様な企画で毎年来場者を盛り上げている。同イベントが映画として描かれるとしたら、どんな物語になるのだろうか。映画化企画が公式に明らかになったわけではないが、震えて待つとしよう。

Source:Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly