Menu
(0)

Search

恐怖、現る ─ 全米超ヒットホラー『ハロウィン』特報映像&ティザービジュアル公開

ハロウィン
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

2018年秋に全米でNo.1の超ヒットを記録した“究極のショッキングホラー映画”、『Halloween』が邦題『ハロウィン』として2019年4月に全国公開される(配給:パルコ)。このたび特報映像とティザービジュアルが到着した。

1978年、鬼才ジョン・カーペンター監督による『ハロウィン』は後世に語り継がれるホラーキャラクター「ブギーマン」と象徴的な音楽で全米を震撼させ、32万5,000ドルの製作費で4,700万ドルもの興行収入を記録。以降のホラー映画に多大なる影響を与えた同作から40年、ついに新たな恐怖が解き放たれる。


神出鬼没、恐怖の象徴「ブギーマン」現る

1978年、ハロウィンの前夜に殺人鬼マイケル・マイヤーズが精神病棟を脱走した。10月31日、ハロウィン当日の夜に、街で多くの人々が犠牲になる事件が発生。動機や感情が不明ゆえ、殺人鬼はブギーマンと名付けられる。事件の唯一の生存者ローリー・ストロードは、精神病棟に収監されたマイケルが戻ってくることを想定して訓練を続けていた。そして40年が経ったハロウィンの日、その悪夢は現実のものとなる。

このたび公開された特報映像は、トイレの個室にいる女性ジャーナリストが何者かに襲われるショッキングな場面から始まる。襲撃者の正体、神出鬼没の恐怖「ブギーマン」はマスクを装着しており、感情は読み取れない。ハロウィンの夜、ブギーマンは子供たちがはしゃぐ道路に、窓の外に、そして家の中に現れる。ブギーマンはどこへ向かうのか、どこから現れるのか。その恐怖からは誰も逃げられない。

2018年10月19日に米国公開された本作は、週末3日間で7,750万ドルという驚異的な興収成績を記録。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)に次いで全米ホラー映画歴代2位のオープニング興行収入となった。米国の批評サイトRotten Tomatoesでは80%フレッシュを叩き出す高評価を獲得した話題作が、いよいよ日本へやってくる。

『ハロウィン』

ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起こった凄惨な殺害事件を追っていた。殺人鬼の名前はマイケル・マイヤーズ、40年間ひと言も話さなかった彼の動機や感情は一切不明で、人々には「ブギーマン」と名付けられていた。被害者唯一の生き残り、ローリー・ストロードにインタビューするも収穫はない。しかし、ローリーはマイケルが再び現れることを恐れて一人備えていた……。

ローリーの予感は最悪の形で現実となる。ハロウィンの前夜、精神病棟から患者を移送する車両からマイケルが脱走。娘のカレンはローリーを信じず、孫娘アリソンもパーティに出かけてしまった。ローリーは再び解き放たれたブギーマンと対峙することを決意、ついに恐怖に満ちたハロウィンの夜が始まる。

ハロウィン
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

主人公ローリー・ストロード役は、1978年版の『ハロウィン』で“絶叫ホラークイーン”として名を知らしめたジェイミー・リー・カーティス。オリジナル版のジョン・カーペンター監督が製作総指揮と音楽を担当し、『ゲット・アウト』(2017)をプロデュースしたジェイソン・ブラムが製作を務める。監督は『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』(2017)のデヴィッド・ゴードン・グリーンだ。

映画『ハロウィン』は2019年4月全国ロードショー

『ハロウィン』公式サイト:http://halloween-movie.jp

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly