Menu
(0)

Search

『ハロウィン』続編、米予告編が公開 ─ ブギーマンとローリーの仁義なき戦い再び

https://youtu.be/hL6R3HmQfPc

ジョン・カーペンターによる同名の傑作映画を現代に蘇らせた、『ハロウィン』(2018)の続編映画『Halloween Kills(原題)』より待望の予告編が米国公開された。

この記事には、『ハロウィン』のネタバレが含まれています。

2018年に公開された『ハロウィン』では、第1作から40年後を舞台に、ブギーマンことマイケル・マイヤーズとローリーの壮絶な戦いが描かれた。決死の戦いの末、ローリーはマイケル・マイヤーズを家の地下室に閉じ込めることに成功。そこに火を放ち、ローリーはブギーマンとの因縁の対決に終止符を打った。

そんな前作の物語を継いだ正当な続編の予告編は、その直後から始まる。ローリーたちが向かう先の反対車線に消防車が現れ、ローリーは「燃やしたままにしなさい!」と叫ぶ。その声は消防隊員たちには届かず、彼らは結局、殺人鬼が潜む家にたどり着いてしまった。燃え盛る家から脱出したマイケル・マイヤーズは、そのままチェーンソーなどを駆使して消防隊員たちを皆殺しにしていく。やはりこの男、容赦ない。

再び真夜中の町に繰り出したマイケル・マイヤーズは、無関係の人々を次々と殺害。重症を負って病院に運ばれたローリーだったが、ブギーマンがまだ生きて逃亡中であることを知らされ、居ても立っても居られなくなる。「今夜、悪は死ぬ」。そこからローリーたちとマイケル・マイヤーズの容赦なき戦いが再びはじまる。前作から圧倒的に過激度が上がった本作。仁義なき戦いの果てに待ち受ける結末とは……?

出演者には、ジェイミー・リー・カーティスがローリー役として続投するほか、カイル・リチャーズがリンジー・ウォレス役として復帰。そのほかシリーズでおなじみのトミー・ドイル役を、『ブレックファスト・クラブ』(1985)『フォックスキャッチャー』(2014)などのアンソニー・マイケル・ホールが演じる。監督は前作に引き続き、デヴィッド・ゴードン・グリーンが担当した。本作『Halloween Kills』は2021年10月15日、そしてその続編にして完結編『Halloween Ends(原題)』は2022年10月14日に米国公開予定だ。

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly