Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でハン・ソロは存在し続ける ─ 監督が語る

スター・ウォーズ
© Twentieth Century Fox Film Corporation 写真:ゼータ イメージ

え?でも、どういうこと?

“そう、彼は帰ってくる。ある意味ね。”

スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』で、ハン・ソロは何らかの形で登場を続けるという。独占カットと共に特集したEntertainment Weeklyの記事では、ハン・ソロについて「彼のレガシー(遺産)は生き続ける」と伝えられている。

「ハンのゴーストは…、えっと、文字通りの意味じゃなくて」と語るライアン・ジョンソンはこう続けている。

「誤解を生じさせたくないから、ここでは言葉を慎重に選びましょう。ハンの”比喩としての”ゴーストは、映画全体を通して存在し続けます。」

前作『フォースの覚醒』(2015)で悲劇的な最期を迎えたハン・ソロ。あまりの衝撃に、受け入れることができないファンらは心の何処かで「実は生きているのでは」「だって絶命する瞬間が捉えられてないじゃないか」と、存命を願っていた。しかし、監督が言葉を選びながらも「ゴースト」という単語を扱っている以上、古き友人 との別れをいよいよ認めざるをえないのだろうか。

それでも、ハン・ソロの伝説と意志は何らかの形で生き続けるということだ。旧三部作で、ヨーダやオビ=ワンが死後も尚”文字通りの意味”でゴーストとして登場し続けたが、あれは修業を重ねたジェダイのみが体得できる究極奥義の一種。監督の言う通り、半透明の姿でハン・ソロが登場することはほぼ考えられない。

では、ハン・ソロはどんな形で帰ってくるのだろう。彼の遺品や遺言が、レイやカイロ・レンを動かすのだろうか。それとも、フラッシュバックの中で姿を見せるのだろうか。どの可能性が高いかを考えてみても…。ソロは生前、「確率なぞくそ食らえ!」なんて言っていたっけ。

映画『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』は2017年12月15日公開。

Source:http://ew.com/movies/2017/08/11/star-wars-last-jedi-kylo-ren-dark-side/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly