『スター・ウォーズ』スピンオフ『ハン・ソロ』撮影現場より写真・映像が続々到着!新エイリアン&はしゃぐチューバッカ

スター・ウォーズ』シリーズのアナザー・ストーリー(スピンオフ)作品、『ハン・ソロ(仮題)』の撮影が着々と進行しているようだ。降板したフィル・ロード&クリス・ミラー監督に代わり、本作は現在、『アポロ13』(1995)や『ビューティフル・マインド』(2001)のロン・ハワード監督が現場の指揮を務めている。以前よりハワード監督は、SNSで『ハン・ソロ』の撮影現場からメイキング写真をしばしば発信してきた

このたび『ハン・ソロ』の撮影現場から、新たなメイキング写真と映像が到着している。片方はハワード監督のTwitterに、もう片方は本作に出演しているエミリア・クラーク(ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』)のInstagramに投稿されたものだ。

撮影監督は引き続きプロジェクトに参加

今回、ハワード監督は撮影の合間に行われた話し合いの様子を投稿している。映っているのはハワード監督自身と撮影監督のブラッドフォード・ヤング(写真中央)、そしてセットにひしめくスタッフたちの姿だ。
『ハン・ソロ』で撮影監督を務めるブラッドフォード・ヤングは、『メッセージ』(2016)や『完全なるチェックメイト』(2015)、『グローリー/明日への行進』(2014)などハイ・クオリティの作品を連続して手がける注目のキャメラマン。映画ファンの中には、フィル&クリス監督の降板後も『ハン・ソロ』を撮影しているのかどうか心配する声もあったが、変わらずプロジェクトに参加しているようだ。

この写真でひとつ気になるのは、左上に映っているエイリアン(クリーチャー)と思しき存在だろう。どうやら見たことのない姿だが、本編ではハン・ソロの敵か味方か……。

エミリア・クラーク、チューイを喜ばせる

一方、撮影の裏側でしばしの“お遊び”に興じるのはエミリア・クラークだ。本作での役どころは不明だが、舞台裏ではチューバッカ(演じるのはヨーナス・スオタモ)とのこんな場面を撮影してInstagramに投稿している。

この映像は、Instagramのフォロワー数が1,000万人を突破したクラークがファンへの感謝をこめて投稿したもの。クラークがチューバッカに「ねえチューイ、Instagramのフォロワーが1,000万人を超えたのよ」と報告すると、喜んだチューイは声をあげて走り回り、最後には……。
残念ながら周囲の風景はまったく見ることができないものの、出演者同士のコミュニケーションや、ピーター・メイヒューに代わる“新チューバッカ”の動き回る様子を見ることができるという点ではとても重要な映像だろう。

なお『ハン・ソロ』の本撮影は2017年8月上旬に終了する見込みといわれている。フィル&クリス監督の降板を受けて大幅な再撮影が行われる可能性はあるものの、8月1日現在、まもなく製作は大きな区切りを迎えることになりそうだ。

映画『ハン・ソロ(仮題)』は2018年5月25日全米公開予定

Source: http://www.starwarsunderworld.com/2017/07/emilia-clarke-ron-howard-share-new.html
© Twentieth Century Fox Film Corporation 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。