Menu
(0)

Search

スター・ウォーズ『ハン・ソロ』にシリーズ非正史のキャラクターが登場!「タグ&ビンク」って誰?

https://twitter.com/RealRonHoward/status/919270625696538625

映画『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ作品ハン・ソロ(仮題)』に、シリーズの正史ではないとされる作品(通称「レジェンズ」)のキャラクターが登場することがわかった。2017年10月14日、ロン・ハワード監督が自身のTwitterにて伝えている。

事件現場にタグ&ビンクあり?

「#tagandbink ?」として紹介された二人のキャラクター、タグビンクをご存知の方は、きっと『スター・ウォーズ』ファンの中にもそれほど多くないのではなかろうか。2001年に刊行されたコミック『Tag & Bink Are Dead(タグとビンクは死んだ)』の主人公として登場した人物なのだが、のちにルーカスフィルムがディズニーに買収されたのち、同作は正史として扱われないこととなっていた。

『タグとビンクは死んだ』というタイトルは、イギリスの劇作家トム・ストッパードによる戯曲『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』のパロディとなっている。この戯曲はウィリアム・シェイクスピアによる名作『ハムレット』に登場する端役、ローゼンクランツとギルデンスターンを主人公にしたものだが、タグとビンクは『スター・ウォーズ』本編には一切登場していない。

それでも『タグとビンクは死んだ』において、二人は『スター・ウォーズ/エピソード4 新たなる希望』(1977)に登場する「タンティヴIV」の乗組員だったという設定が与えられている。帝国軍の襲撃を受けたことを悟ったタグとビンクは、生き延びるためにストーム・トルーパーのふりをして脱出したのだ。彼らはその後、ヤヴィンの戦いに参加してみたり、ボバ・フェットのふりをしてみたり、パルパティーンに仕えるインペリアル・ガードに紛れ込んだりと、『スター・ウォーズ』正史のあらゆる出来事に立ち会っていくのである。

このたび『ハン・ソロ』において、タグとビンクは17年ぶりの登場を果たすことになる。しかも「レジェンズ」作品から、めでたく正史への仲間入りを果たす形で……。
Inverseによると、コミックの原作を執筆したケヴィン・ルビオ氏は、ロン・ハワード監督のツイートを見るまでタグとビンクのことを「すっかり忘れていた」という。

「#マジかよ ロン・ハワードが僕のコミックを正史にしてくれた。ありがとう、ロン!」

一点注意しておきたいのは、ルビオ氏はこのように投稿しているものの、現時点でコミック『タグとビンクは死んだ』が正史として扱われるかどうかは不明であるということだ。コミックはレジェンズ扱いのまま、『ハン・ソロ』に二人が登場する可能性が高いように思われるが、どうなるのだろうか?

ちなみにタグ&ビンクの登場に一役買ったのは、『ハン・ソロ』の脚本を執筆したジョン・カスダン氏だった。『タグとビンクは死んだ』の大ファンだったという彼は、物語に二人を登場させただけでなく、なんと自ら演じてしまったのである。どちらがどちらの役なのかはわからないが、カスダン氏と一緒に出演したのはファースト・アシスタント・ディレクターであるトビー・ヘファーマン氏だ。

映画『ハン・ソロ(仮題)』は2018年5月25日より米国公開予定。さて、今度の二人はどんな事件に立ち会うことになるのか……。決してお見逃しのないように!

Sources: https://www.cinemablend.com/news/1714090/two-surprising-star-wars-expanded-universe-characters-will-be-part-of-the-han-solo-movie
https://www.inverse.com/article/37428-han-solo-tag-and-bink-writer-kevin-rubio-comics-ron-howard
Eyecatch Image: https://twitter.com/RealRonHoward/status/919270625696538625

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly