リブート版『スポーン』はオリジン描かず?「『ジョーズ』も、サメがデカい理由は不明だろう」ストーリーは「完全オリジナル」に

90年代におけるアメコミ・カルチャーの中心で異彩を放った『スポーン』が、1997年の映画化から約20年ぶりにリブート映画化されることがわかっている。このリブート版では、コミックの原作者トッド・マクファーレン自らが脚本と監督を務めることがアナウンスされており、ファンの期待を早くも集めている。

この度トッド氏が語った所によれば、今回の『スポーン』はアンチ・ヒーローの物語としては第一作目に位置するスタンドアローン作品でありながら、そのオリジン(誕生物語)を描くことに全くこだわらないという。一体なぜだろうか。

「よく、『ジョーズ』(1975)に立ち返って考えるんです。『スポーン』にサメを出すわけじゃないですよ!
あのサメは馬鹿デカかった。映画の中で、サメが何故あんなに巨大か説明していたか?していなかった!それで困ることがあったか?なかった!大事なのは、サメがデカくて人間の近くに迫るってことだけです。

それから『遊星からの物体X』(1982)もそうでしょう。あのエイリアンはどこから来たのか?知らん!なぜ身体を乗っ取るのか?知らん!そういうものなんだ。

私は、オリジンを描かなくてもOKだと思います。素晴らしいストーリーと、クソ怖いシーンが続いてくれれば、私はずっと観続けられますよ。」

『スポーン(仮題)』のあらすじや概要などの詳細は現時点では伝えられていないが、トッド氏がここで語ったアイデアによれば、スポーンは初めからスポーンとして登場しそうだ。また、物語の主役はスポーンではなく、元ニューヨーク市警の発明家トゥイッチ・ウィリアムスが中心となった低予算のR指定作品になるとも伝えられている。ここで語られたアイデアと併せて考えれば、その空気感はおぼろげながら想像がつきそうではある。

ここで、『スポーン(仮題)』内容がさらにわからなくなる情報も紹介しておこう。同じくトッド氏が語った所によれば、既に脚本の初稿が完成している今作のストーリーはこれまでに出版されたコミックとの関連性も断っているのだ。

「(映画のストーリーラインは)キャラクター以外は完全オリジナルです。僕に言わせれば、スポーンはもう25年近くいるわけだし、25年かけて進化してきた、という感じ。奴の今の状態はこうなんだ、と。
僕は、同じストーリーを何度も語り直したくない。自分で描いておいて、飽きちゃった!観客には、何か新しいものを提供してあげたいんです。」

なお、アメコミといえば日本の漫画/出版業界と異なり、キャラクターの著作権は出版社に帰属することとなるが、『スポーン』のイメージ・コミックは日本同様にアーティストに著作権が帰属する。したがって『スポーン』の権利はトッド自身が保有しているというわけだ。

 

ちなみにトッド氏は、スパイダーマンのライバルでもある「ヴェノム」の産みの親の1人でもある。トッド氏は『スポーン(仮題)』の予告編を世に放つ際、こんな小さな野望があるそうだ。

「予告編が出たらこう言いたいんです。“『ヴェノム』の共同創作者が放つ、『スポーン』!”

映画『スポーン(仮題)』は2019年公開予定とされるが、それ以上は未定。トッド氏が「『ヴェノム』の2~3ヶ月後に公開になると思う」と語っていることから予測すると、ざっくり2018〜2019年の年末年始ごろの全米公開となりそうだ。(スパイダーマンのスピンオフ映画『ヴェノム』は2018年10月5日全米公開)

Source:https://www.yahoo.com/entertainment/todd-mcfarlane-talks-spawn-movie-reboot-teaming-kevin-smith-sam-series-195714180.html
http://www.imdb.com/title/tt1206546/trivia?ref_=tt_trv_trv

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。