ヒーロー映画引退宣言のハンス・ジマー、『X-MEN: ダーク・フェニックス』『ワンダーウーマン 1984』で復帰する理由とは

『ブレードランナー 2049』(2017)や『ダンケルク』(2017)をはじめ多数の作品で音楽を手がける、今やハリウッドになくてはならない作曲家ハンス・ジマーは、かつて『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)に参加した際、“ヒーロー映画引退”を宣言した。しかしそれから約3年を経て、2019年、ハンスはヒーロー映画に戻ってくる。

マーベル映画『X-MEN』シリーズの最新作『X-MEN: ダーク・フェニックス(邦題未定、原題:X-Men: Dark Phoenix)』、DC映画ユニバース作品『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』。一度はヒーロー映画を去ると決意した男が、なぜ2本の作品を引き受けることにしたのか? 米Colliderの取材にて復帰の経緯が語られている。

ハンス・ジマー

Photo by JannikSet1 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hans_zimmer_2014.jpg Remixed by THE RIVER

ヒーロー映画復帰、キーパーソンは名匠ロン・ハワードだった

「なぜヒーロー映画に復帰するのか」。それ以前に問題となるのは、なぜハンスがヒーロー映画からの引退を決意したかであろう。『バットマン vs スーパーマン』当時を回想して、ハンスはこう語っている。

「(ヒーロー映画では)自分のやりたいことを失ってしまったんです。新しいアイデアが出てこなかったし、参加したいとも思わなくなりました。するとロン・ハワードが――最高の知性の持ち主だし、親友なんですが――静かにこう言ったんです。“ハンス、やらないとは言うな、いつでもやるべきだ”と。」

『アポロ13』(1995)や『ビューティフル・マインド』(2001)、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)を手がけた名匠ロン・ハワード監督が、ハンスのヒーロー映画引退宣言をギリギリで引き留めていたのだ。ハンスも「ジャンルが問題ではないですから」と述べ、「僕は素晴らしいストーリーを待っていたんですよ」と語っている。

ロン・ハワード

ロン・ハワード Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/42769863832/ Remixed by THE RIVER

その後、ハンスにオファーを出したのが『X-MEN: ダーク・フェニックス』のサイモン・キンバーグ監督だった。監督から作品の意図を直接聞いたハンスは「ずっとやってみたかったアイデアがあって、それが映画にハマりそうだった」として、ヒーロー映画への復帰を決意したそうだ。

また『ワンダーウーマン 1984』についても、パティ・ジェンキンス監督のアイデアが「本当に面白かった。関わりたくなるストーリーだった」ことが大きな理由だったという。そして、なによりも『バットマン vs スーパーマン』でワンダーウーマンのテーマを自ら手がけたことが背中を押したのだろう。ハンスは「(自分の仕事を)終えなきゃいけないと思ったんです」と話している。

 

一度は引退を宣言するに至ったハンスをヒーロー映画へと引き戻した、サイモン・キンバーグ&パティ・ジェンキンスという二人のクリエイターのアイデアとはいったいどんなものだったのか。どちらの作品も内容は謎に包まれたままだが、映画音楽の重鎮を動かしたストーリーは今から期待しておいて間違いないだろう。

ちなみに、ハンスは久々となるヒーロー映画復帰について「うまくいくかどうかはわかりませんよ」と笑っている。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス(邦題未定、原題:X-Men: Dark Phoenix)』は2019年2月14日、『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』は2019年11月1日より米国公開予定。

Sources: Collider, ComicBook.com
Eyecatch Image: Photo by JannikSet1 Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。