『ヴェノム』トム・ハーディ、アベンジャーズとの共演を希望 ― 米国でのPG-13指定にも言及

ソニー・ピクチャーズ製作、「スパイダーマン」シリーズの新展開となる映画『ヴェノム』で主人公エディ・ブロック/ヴェノムを演じるトム・ハーディが、将来的なアベンジャーズとの共演に意欲を示している。

マーベル屈指のダークヒーローを主人公とする『ヴェノム』は、ヴェノムに“人を喰う”という特徴があるために、ファンの間では長らくR指定が希望されてきた一本だ。しかしソニーは、今後スパイダーマンとヴェノムを共演させるために本作をPG-13指定(米国)に収めたといわれている。

このたびトム・ハーディと共演者のリズ・アーメッドが米MTVのインタビューに登場。そこでハーディは、『ヴェノム』がPG-13指定になったことを受けて、「どんなものでもR指定にできるし、若者や子ども向けにできる」との持論を展開した。

「僕の子どもたちはスパイダーマンとヴェノムを楽しく見てますし、毎朝ヴェノムのオモチャやレゴで遊んでます。だから怖がってはいないですね。ただし同時に、(ヴェノムには)根拠のない暴力性をとことん注ぎ込む余地がたくさんあります。そうしたければ、ですけど。」

ヴェノム

リズ・アーメッド(左)、トム・ハーディ(右)©&TM 2018 MARVEL

『ヴェノム』でメガホンを取ったのは、『ゾンビランド』(2009)や『ピザボーイ 史上最凶のご注文』(2011)を手がけたルーベン・フライシャーだ。この人選について、ハーディは「そっち(暴力的な作風)をやるのにふさわしい人物」だとコメント。しかし同時に、ハーディはこのようにも述べている。

僕はそっち(暴力的な作風)にも行きたいし、ヴェノムとしてアベンジャーズのみんなとも共演したい。でも、それは僕が言えることではありません。[中略](共演できなくても)すごく幸せですよ。だって、ヴェノムバースには共演できるキャラクターが900人いますから。」

ちなみに、この言葉を聞いたアーメッドが「(アベンジャーズと)共演したいんですか?」と尋ねたところ、ハーディは「力のある家柄とは一緒にやりたい。そうじゃない?」と答えた。

 

ところで一方のアーメッドは、のちにヴェノムと別のヒーローが共演することを想像して、こんな“夢のチームアップ”を語ってもいる。

「ヴェノムはみんな食っちゃおうとするんじゃないかな。良いとか悪いとかじゃないのがヴェノムですよね。“俺の腹が減ってるか、減ってないか。減ってたらお前を食う”みたいな感じ。ハルクも食べようとするかもしれませんよ。ヴェノムとハルク、良い組み合わせだと思います。

2018年9月現在、『ヴェノム』にトム・ホランド演じるスパイダーマンが登場するのか、あるいは「スパイダーマン」シリーズとのクロスオーバーが示唆されるのかはわかっていない。もちろん、いずれマーベル・シネマティック・ユニバースと世界観を共有するかどうかも不明だ。アーメッドは本作について「ほかのキャラクターと対面する前に、ヴェノム自身を紹介する」作品だと強調している。

映画『ヴェノム』は2018年11月2日(金)より全国ロードショー。

『ヴェノム』公式サイト:http://www.venom-movie.jp/

Source: MTV
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。