ハリソン・フォード、『スター・ウォーズ』ハン・ソロ役は「出番が終わりなら終わり」 ― キャリー・フィッシャーとの関係にも言及

2015年スター・ウォーズフォースの覚醒でハリソン・フォードがハン・ソロ役を再演したことは、『スター・ウォーズ』ファンのみならず世界中の映画ファンを驚かせた。あらゆる役柄とあらゆるヒット作を抱えるハリソンが、あえて今『スター・ウォーズ』に戻ってくると予想していたファンは決して多くなかったことだろう。

このたび米GQ誌は、最新作『ブレードランナー 2049』を控えるハリソンへのロング・インタビューを実施。そこで彼は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演した理由やハン・ソロ役を再び演じる可能性、そして世間を賑わせたキャリー・フィッシャーとの関係についても語っている。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のネタバレが含まれています。

スター・ウォーズ

cTwentieth Century-Fox Film Corporation Photographer: John Jay 写真:ゼータ イメージ

『フォースの覚醒』出演の理由

ハリソンが『スター・ウォーズ』に復帰したことが驚かれたのは、なにも彼がハリウッド屈指の大スターだからというだけではない。かつてハリソンはジョージ・ルーカスの脚本家としての能力について公に苦言を呈しており、『スター・ウォーズ』(1977)の撮影中にはジョージを直接非難したことすらあったというのだ。
2017年の「スター・ウォーズ・セレブレーション」に登場したハリソンは、当時ジョージに「君はこのクソみたいなセリフを書けるけど、みんなはそんなの喋れないんだよ!」と発言したことを振り返っている。その言葉について詳しく聞かれると、彼はこう答えたのだった。

「僕は(ジョージが気にしてるとは)思いませんね。彼は会社を売ったでしょう…その…40億ドルで。僕が思ってることなんて気にしませんよ。(撮影現場で)ジョージはたいていモニターの近くに座ってて、離れてたんです。だからセリフの印象や感想をすごく遠くまで届けなきゃいけなくて。だから叫んだんですよ。“ジョージ! 君はこのクソみたいなセリフを書けるけど、みんなは喋れないんだよ! 書く時は口を動かせよ!”って。その時はジョークでしたよ。ストレスを和らげるためのジョークです。」

また『エピソード6 ジェダイの帰還』(1983)の際、ハリソンがハン・ソロを殺してほしいと頼んでいたというエピソードはよく知られている。一度はそこまで考えていた彼が、なぜ『フォースの覚醒』への出演を決意したのか……。そのきっかけはジョージからの一本の電話だったという。

「驚きましたよ。ハン・ソロ役でもう一度出てもらえないかという提案でした。最初にもらった電話の時点で、ハン・ソロは生き延びないって言われたと思います。かつての僕が主張していたことですよ。だからオーケーしたんです。」

つまりハリソンが出演を決めたのは、最初からハン・ソロが死ぬことがわかっていたからだったのだ。しかし、息子であるカイロ・レンに刺されて闇深くへと落ちていった彼は本当に死んだのだろうか? 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』や『エピソード9』でどんな展開が待っているのかは誰にもわからない。
どうやら、「『スター・ウォーズ』の仕事は終わったんですか?」と問われたハリソン自身もその例外ではないようだ。

「うん……『スター・ウォーズ』が僕の出番を終わりにしたなら、僕の『スター・ウォーズ』も終わりだと思います。想像できませんね、でもサイエンス・フィクションですから。」

ただしハリソンは、少し考えてからこのように付け加えたという。

やりたくはないですね、今はもっと別のことがしたい。ただ単に、なにか新しいことに興味があるんですよ。」

Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/33403346161 )

Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/33403346161 )

『フォースの覚醒』は、ハリソンと故キャリー・フィッシャーが共演した最後の作品となった。しかし2016年、急逝直前にキャリーは著書『ザ・プリンセス・ダイアリスト(原題:The Princess Diarist)』を発表、かつてハリソンと不倫関係にあったことを暴露している。

GQ誌のインタビューで、ハリソンは初めてこの件に言及した。本が出版されたことを「不思議な感じだった」と振り返るハリソンは、事前にキャリー側から掲載する内容についての警告があったことを明かしている。しかしその内容をどう思うかについて、彼は必要以上に語ることを避けている。

「わかりません、わかりませんね。キャリーが急に亡くなってしまったし、僕は特に話したいと思わないんです。」

またハリソンは、「書かれたことを好ましく思うかどうか、聞いてもいいですか?」という質問に「聞いてもいいですよ」、しかし「答えたいですか?」と聞かれると「いいえ」と返している。ちなみに彼自身は問題の著書を読んでいないということだ。

俳優ハリソン・フォードの最新作『ブレードランナー 2049』は2017年10月27日より全国ロードショー。
なお『スター・ウォーズ』シリーズの最新作、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の劇場にて公開される。

Source:?https://www.gq.com/story/harrison-ford-gq-cover-story-2017
c Twentieth Century Fox Film Corporation 写真:ゼータ イメージ

 

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。