Menu
(0)

Search

『ハリー・ポッター』さらに掘り下げる新刊、4冊連続刊行 ─ 第1弾は「闇の魔術に対する防衛術」や「薬草学」など

https://twitter.com/pottermore/status/1131864603456151552 スクリーンショット

『ハリー・ポッター』の世界をさらに掘り下げる新刊ノンフィクション作品が、電子書籍(eBook)で4冊連続刊行される。原作者J・K・ローリングによる公式ウェブサイト「Pottermore」にて告知された。

このたび発表された『ハリー・ポッター:ア・ジャーニー・スルー(邦題未定、原題:Harry Potter: A Journey Through…)』シリーズは、2018年にイギリス・大英博物館で開始された「ハリー・ポッター 魔法の歴史展」から派生した書籍およびオーディオブック『ハリー・ポッターと魔法の歴史』(邦訳版は静山社刊)を基にするものだ。

本シリーズはホグワーツ魔法学校の授業になぞらえて、1冊につき1つのテーマ、合計4つのテーマで構成される。1冊ごとのボリュームは短いものの、『ハリー・ポッター』の核となった魔法の世界や、古くからの伝承などを改めて学ぶことができ、キャラクターや実際の歴史を知るための「最適な形式」になるとのこと。ロンドンのアーティスト、ロハン・ダニエル・イーソン氏による描き下ろしの挿絵も収録される。

なお本作については、一部報道で、J・K・ローリングによる『ハリー・ポッター』の新作短編シリーズ、フィクション作品であるかのように伝えられているが、これは誤り。Pottermoreには、本シリーズが「ノンフィクション作品」であり、過去に刊行された作品をベースとした内容であることが明記されている。ただし、基となる『ハリー・ポッターと魔法の歴史』との内容の差異についてはわかっていない。

『ハリー・ポッター:ア・ジャーニー・スルー』の第1弾として刊行されるのは「魔術、および闇の魔術に対する防衛術(Charms and Defence Against the Dark Arts)」「薬学および薬草学(Potions and Herbology)」の2冊で、2019年6月27日にリリースされる。その後、「占いと天文学(Divination and Astronomy)」「魔法動物の飼育法(Care of Magical Creatures)」が登場する。

2019年5月31日時点で、本シリーズは英語版、フランス語版、イタリア語版、ドイツ語版の4種類が最初に発売されることが決定済み。日本語版については発表されていない。

あわせて読みたい

Source: Pottermore

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly