Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』スピンオフ映画、ステイサム演じるショウの妹が登場 ― 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』女優が出演

© Universal Pictures

『ワイルド・スピード』シリーズのスピンオフ映画『Hobbs and Shaw(原題)』に、新たな登場人物として、ジェイソン・ステイサム演じる元工作員デッカード・ショウの妹が登場することがわかった。演じるのは『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)やNetflixドラマ『ザ・クラウン』(2016-)で知られるヴァネッサ・カービーだ。

ヴァネッサ・カービー
『ザ・クラウン』Robert Viglasky / Netflix

『Hobbs and Shaw』では、ロック様ことドウェイン・ジョンソンが演じるFBI捜査官ルーク・ホブスと、ステイサム演じるデッカード・ショウがタッグを組む。監督を務めるのは、『アトミック・ブロンド』(2017)や『デッドプール2』(2018)など、現代アクション映画のキーパーソンとして確固たる地位を築きつつあるデヴィッド・リーチ。脚本はシリーズの常連作家であるクリス・モーガンが執筆する。

今回の情報を伝えた米Variety誌によれば、現在カービーはスタジオ側との契約交渉の最終段階にあるという。『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』に続いて大作アクションへの出演となるが、スパイ映画である同作にて謎の女性ホワイト・ウィドウ役を務めるのとは一転、『Hobbs and Shaw』で演じるショウの妹は英国諜報部「MI-5」のエージェントという設定だという。

『Hobbs and Shaw』の製作を担当するのは、ドウェイン・ジョンソン&ジェイソン・ステイサムのほか、『ワイルド・スピード』シリーズのプロデュースを手がけてきたニール・H・モリッツ。シリーズの本筋からは離れた新機軸のスピンオフとなるが、米ユニバーサル・ピクチャーズにとっては以前より計画を進めてきた“悲願の企画”なのだとか。

映画『Hobbs and Shaw(原題)』は2019年7月26日に米国公開予定

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly