Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』スピンオフ『ホブス&ショウ』ロック様が全撮影の終了を祝福 ─ 「今までで一番挑戦的な映画だった」

https://www.instagram.com/p/Bt9pwuGhJoN/ スクリーンショット

ワイルド・スピード』シリーズ初のスピンオフ映画『ホブス&ショウ(邦題未定、原題:Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw)』の撮影を、主演・製作のドウェイン・ジョンソンがすべて終了した。Instagramにてドウェイン自身が報告している。

『ホブス&ショウ』の主な撮影は2019年1月末にすべて終了しており、このたびドウェインは、自身のみが出演するシーンを追加で撮り終えたものとみられる。ただしこの撮影が、ポストプロダクション(仕上げ作業)のなかで実施される再撮影・追加撮影と同じものか、あるいは本撮影の“番外編”的に行われたものかはわかっていない。

ちなみにドウェインは、2019年2月14日(米国時間)、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017)続編映画の撮影が始まったことを報告済み。非常にタイトなスケジュールのなか、このたび『ホブス&ショウ』の最後の撮影に臨んだものとみられる。

最後の撮影を終えた直後を捉えたこの映像で、ドウェインはデヴィッド・リーチ監督とハグを交わしたあと、スタッフの仕事に心からの感謝を表明。本作が一本の映画にとどまらず、『ワイルド・スピード』シリーズを拡大していくもの、そしてオセアニアやサモアの文化を全世界に紹介するものだとして、自身にとって非常に大きな意味のある作品だったことを明らかにしている。

投稿のキャプションには、同じく「できるかぎりの時間と能力を作品づくりに費やしてくれた、僕のことを信頼し、情熱的なプロジェクトを前進させてくれた全員に感謝します」と記されたほか、『ホブス&ショウ』については「魂やDNA、タフさ、忍耐力、そして文化を表現した」作品だと説明。キャスト・スタッフへの感謝を述べながら、最後には「いつでも観客が一番。最高に楽しんでもらえるはず」と締めくくった。

またもうひとつの投稿では、ドウェインは「今まで出演した、プロデュースした映画で一番チャレンジングな映画だった」と振り返りつつ、“相棒”ジェイソン・ステイサムへの感謝と愛情を綴っている。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Last men standing. HOBBS & SHAW is officially wrapped. Easily the most challenging film I’ve ever produced and starred in, however based on the fans’ insanely hyped “break the internet” reactions to our first trailer — this film is also shaping up to be my most rewarding. A HUGE bald and brotherly MAHALO to the man who trusted me and our chemistry and “pushed all his chips in” to make something bad ass and fun for the fans. My uso @jasonstatham. He’s one legit talented and tough bastard and the pure joy I got from making him laugh so fucking hard during the our takes he couldn’t even talk, I will always remember with evil 😈 glee. Finally, one of the best heli pilots in the world @fred_north demonstrating here our extreme commitment we all had to deliver the goods to our worldwide audience. #ThatsAWrap #LastMenStanding #AllChipsIn #HOBBSANDSHAW AUGUST 2nd @sevenbucksprod

therockさん(@therock)がシェアした投稿 –

「僕のことや二人の化学反応を信頼してくれた、そしてカッコよくて笑えるものを作り出すことに全力を投じてくれた男に、兄弟として心から最大の感謝を。兄弟、ジェイソン・ステイサム。彼は本物の才能で、タフなヤバいヤツ。撮影中、彼を爆笑させるのは本当に楽しかった。笑いすぎて喋れなくなってるところ、これからもずっと思い出してニヤニヤすると思う。」

『ホブス&ショウ』は、『ワイルド・スピード』シリーズ屈指の“筋肉コンビ”、ドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスとジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウのバディ・ムービー。二人の前に立ちはだかる“シリーズ最強の悪役”ブリクストンは、『マイティ・ソー』シリーズや『パシフィック・リム』(2013)のイドリス・エルバが演じる。

そのほか出演者には、ショウの妹ハッティ役で『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)のヴァネッサ・カービー、謎の女性マダムM役で『ベイビー・ドライバー』(2016)のエイザ・ゴンザレス、ショウの母親マグダレーン役で『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2016)に続きヘレン・ミレン。監督は『デッドプール2』(2018)の俊英デヴィッド・リーチが務めている。

映画『ホブス&ショウ(邦題未定、原題:Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw)』は2019年7月26日に米国公開予定

Source: Dwayne Johnson(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly